IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/05/14

開示資料のXBRL化を全面サポート!


NTTデータシステムズ


開示資料のXBRL化を全面サポート!のセミナー概要 開示資料のXBRL化を全面サポート!のプログラム 開示資料のXBRL化を全面サポート!の申込み



開催日時

2008年5月21日(水) 10:45〜17:30|申込み締切 2008年5月20日(火)
会  場 NTTデータ プレゼンテーションスペース INFORIUM カンファレンスルームA
東京都千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル30F
銀座線 虎ノ門駅(11出口)徒歩2分
日比谷線・千代田線 霞ヶ関駅(A13出口)徒歩5分
丸ノ内線 霞ヶ関駅(A4出口)徒歩7分
有楽町線 桜田門駅(2出口)徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

25名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「開示資料のXBRL化を全面サポート!」の続きが読めます

開示資料のXBRL化を全面サポート!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「開示資料のXBRL化を全面サポート!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 ZeeM 会計 【クレオ】 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】
会計システム 会計システム 会計システム
財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法

「会計システム」関連の特集


仕入れ・販売業務はビジネスの基幹業務であるだけに、効率化する効果は大きい。今回は、仕入先への手作業に…



 この連載では、予算をコントロールするには細目レベルで予算を作成し、定期的に実績と比較することが効果…



「KICHIRI」などを展開する飲食業のきちり。IT活用に積極的な同社は大量の領収書精算がスタッフの…


「会計システム」関連のセミナー

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place) 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 11月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

fusion_placeは、計数業務の効率化をはじめ、予算編成・予実管理といったPDCAサイクルに基づく経営管理プロセスを支援する機能を備えた統合型ソリューショ…

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place)12月開催 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 12月18日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

触って体感できる!SuperStream-NX Ver.2.0 ハンズオンセミナー 【スーパーストリーム】  

開催日 11月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」の最新バージョンとなる「SuperStream-NX Ver.2.0」では、これまで培われてきた現場の知見…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

開示資料のXBRL化を全面サポート!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「開示資料のXBRL化を全面サポート!」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020043


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ