SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/04/25

SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナー


マイネット・ジャパン


SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナーのセミナー概要 SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナーの申込み



開催日時

2008年5月22日(木)|申込み締切 2008年5月22日(木)
会  場 ミーティングプラザ新橋
東京都港区新橋1-13-12 堤ビル9F
JR新橋駅日比谷口より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

18名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用
参加者特典
オリジナル小冊子「社内ブログ導入事例に学ぶ、使われる!情報共有ツール運営術」を無料でご提供

会員限定で「SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナー」の続きが読めます

SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他情報共有システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報共有システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

グローバルコミュニケーションIT基盤 導入支援ソリューション 【三菱電機インフォメーションシステムズ】 ビジネス専用メッセンジャー direct エンタープライズ版 【L is B】 セキュアな音声書き起こしサービス VoiShredder 【フュートレック】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
社員が我先に使うコミュニケーション基盤へと定着化するには? 現場スタッフと社内のコミュニケーションを素早く安全に行う、マルチデバイス対応ビジネス専用メッセンジャー。
チャットのほか写真・動画・位置情報共有など機能も多彩。
独自の音声分割(シュレッダー)技術を用いることで、機密情報を保持しながら音声データの書き起こしを行ってくれるサービス。

「その他情報共有システム関連」関連の特集


何もない空間から接触感が得られる新たな触覚インターフェースが登場!遠隔地でも“触れる”体験が実現可能…



ワークスタイル変革に取り組む理由の1つには、優秀な人材の確保が挙げられる。しかし、人口減少は人材不足…



今回、訪問したのは全世界に350以上の拠点を持つ世界有数の事業用不動産サービス会社であるCBREの東…


「その他情報共有システム関連」関連のセミナー

スマートロボット 活用セミナー/東京 【サテライトオフィス】  

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

〜企業でスマートロボットを使っていくユースケースを紹介いたします。スマートロボットの現状のパフォーマンスと 開発イメージをご紹介いたします。〜【企業向けスマート…

BCP訓練の始め方・情報共有ツールの使い方セミナー 【日本ユニシス】  

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

熊本の震災や度重なる大型台風、噴火・大雪・火災などを受け、今、多くの企業が事業継続計画(BCP)を策定されています。しかし、大量の情報が一気に押し寄せる非常時に…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SI企業必見の技術情報共有を成功させるセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019813


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ