社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/04/25

社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナー


オーシャンブリッジ/マイネット・ジャパン


社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナーのセミナー概要 社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナーのプログラム 社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナーの申込み



開催日時

2008年5月16日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2008年5月16日(金)
会  場 オーシャンブリッジ セミナールーム
東京都渋谷区渋谷1-8-3 渋谷安田ビル9F
JR・渋谷駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|その他

会員限定で「社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナー」の続きが読めます

社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】
文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。

「文書管理」関連の特集


電子帳簿保存法の改正で、税務関係書類のスキャナ保存の規制が緩和された。現場のスキャニング作業はどれだ…



キャビネット3本を廃止、書類探しの時間を激減!?クライアント情報や業務に関連する画像、地図データなど…



クラウドやBIなどと連携するためのカスタマイズ性を強化することも重視される同市場。拮抗する上位のベン…


「文書管理」関連のセミナー

オフィスの紙文書そのままで働き方改革できますか? 【NRIセキュアテクノロジーズ/セキュリティリサイクル研究所】  

開催日 3月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

世論が大きく動き、政府が旗を振り始めたことで働き方改革 断行の年と言われる2017年。調査※では7割以上の企業が働き方改革の必要性を感じており、その内30%の企…

【1社1名限り】Alfrescoによるファイル共有の問題解決 【主催:ヴィセント/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【ファイル共有における課題】ファイル共有を行っている企業は多いと思いますが、課題も多くあります。例えば、■機密文書に誰でもアクセスできてしまう・フォルダやファイ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「社内に埋もれた文書を【10倍!?】活用するセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019694


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ