食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/04/01

食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)


グローバルネット


食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)のセミナー概要 食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)のプログラム 食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)の申込み



開催日時

2008年4月22日(火) 13:30〜16:40|申込み締切 2008年4月22日(火)
会  場 総評会館 402会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
千代田線 新御茶ノ水駅より徒歩1分

地図はこちら
参加費

有料 1万8000円
定 員

50名
こんな方にオススメ

営業・販売 |製造・生産管理|システムの設計・運用

会員限定で「食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)」の続きが読めます

食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 クラウドアプリのシャドーIT化を防ぐ、「CASB」活用の5つのポイント 【サイバネットシステム】 ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理
申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 クラウドアプリのシャドーIT化を防ぐ、「CASB」活用の5つのポイント これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションである。

「ID管理」関連の特集


 第1回から第3回にかけては企業に関連するアイデンティティ管理について解説してきた。最終回の本記事で…



企業システムのユーザの追加や抹消、アクセス権限の変更などを適切に行う「アイデンティティ管理ツール」を…



IT担当者318人に調査を実施。ユーザ・管理者それぞれの視点での満足度や不満点は?導入しない理由は?…


「ID管理」関連のセミナー

ID棚卸の自動化を実体験! ID棚卸キットハンズオンセミナー 【主催:アシスト】  

開催日 2月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ID棚卸に多大な工数をかけていませんか?各サーバーOS、業務システムに存在する固有のID情報を把握するにはIDの棚卸が必要です。この作業は、監査の指摘事項にもな…

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 2月6日(火),3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

Office 365を簡単・安全に利用する方法とは 【サイバネットシステム】  

開催日 1月26日(金),3月28日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365の利用が広がる中、どのようにOffice 365の導入を進めていくべきか悩んでいる企業は少なくないようです。従来、企業がOffice 365…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「食の安全・安心とRFID(IC無線タグ)」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019474


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ