情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/03/12

情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法


アシスト


情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法のセミナー概要 情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法の申込み



開催日時

2008年3月13日(木) 15:00〜17:00|申込み締切 2008年3月12日(水)
会  場 株式会社アシスト 市ヶ谷セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 より徒歩4分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 より徒歩6分
JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売|製造・生産管理

会員限定で「情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法」の続きが読めます

情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
情シスの負担激減!誰でも使える分析ツールって? 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

「BI」関連の特集


大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…



莫大なコストをかけて導入しても、結局使われなくなった「BIツール」…。珍しい話ではありません!Exc…



 今回は、社長の問題意識を契機に経営の見える化を推進して、利益改革をしたN社の事例を紹介します。社長…


「BI」関連のセミナー

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 12月13日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

そろそろクラウド始めませんか?〜自社データを有効活用〜 【JBCC/Amazon Web Services Japan】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、ソリューション検討の際にクラウドを採用することがあたりまえとなっています。クラウドでは、様々なサービスを、必要なだけ、適正な価格で、しかもクイックスタート…

Qlik Sense ハンズオン型データ分析体験セミナー 【クリックテック・ジャパン】  

開催日 10月25日(火),11月10日(木),11月25日(金),12月7日(水),12月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

本ハンズオンでは、弊社提供のデスクトップPC環境にて、セルフサービス型ビジネスインテリジェンス Qlik Sense Desktopを利用して、実機でデータ分析…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報活用の春を拓(ひら)く、"芽"を出し育てる方法」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019270


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ