図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)

IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/03/07

図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)


主催:データ総研


図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)のセミナー概要 図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)の申込み



開催日時

2008年5月13日(火)〜2008年5月14日(水) 10:00〜17:30|申込み締切 2008年5月12日(月)
2008年7月8日(火)〜2008年7月9日(水) 10:00〜17:30|申込み締切 2008年7月7日(月)
2008年9月17日(水)〜2008年9月18日(木) 10:00〜17:30|申込み締切 2008年9月16日(火)
会  場 (株)データ総研セミナールーム
東京都中央区日本橋小伝馬町4-11サンコービル7階
東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅4番出口より徒歩30秒  JR総武快速線 新日本橋駅8番出口より徒歩3分

地図はこちら
参加費

有料 9万円(税込)
定 員

40名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)」の続きが読めます

図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

新しいVR体験、セキュリティ機能の強化 「Snapdragon 835」で変わること 【KDDI】
その他開発関連
新しいVR体験、セキュリティ機能の強化 「Snapdragon 835」で変わること

「その他開発関連」関連の特集


スマートフォンとBLE対応IoTデバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームが登場!日常生活に…



インターネットバブル時代に活況を呈したEAI(Enterprise Application Inte…



 連載第5回目となる今回は、リリース後のアプリの改善で気を付けるべきポイントについてご紹介し、「作り…


「その他開発関連」関連のセミナー

【SEU-W1】「Understand」最新版4.0のご紹介 【テクマトリックス】  

開催日 7月11日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

関数や変数、ファイルといった様々な要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートする「高速コード解析ツール Understand」のご紹介です。 【以下の…

【SEU-W1】「Understand」最新版4.0のご紹介 【テクマトリックス】  

開催日 7月25日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

関数や変数、ファイルといった様々な要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートする「高速コード解析ツール Understand」のご紹介です。 【以下の…

ソフトウェア品質向上セミナー 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 7月7日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年のアプリケーション開発は、ソフトウェア開発の大規模化、開発期間の短縮化、さらにはモバイルデバイスを含むプラットフォームの多様化などにより、さまざまな困難に直…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「図面言語による業務分析力・コミュニケーション力強化(VC)」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019234


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ