変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチ

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/02/26

変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチ


日本HP/東京エレクトロン デバイス/日本クアンタムストレージ


変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチのセミナー概要 変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチの申込み



開催日時

2008年4月11日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2008年4月10日(木)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社 市ヶ谷本社
東京都千代田区五番町7番地 市ヶ谷本社
JR総武線 : 市ヶ谷駅 下車 徒歩3分
東京メトロ : 有楽町線、南北線(出口:2番/3番) 徒歩3分
都営地下鉄 : 新宿線(出口:A2番)徒歩3分 *A3出口ではありません

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO

会員限定で「変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチ」の続きが読めます

変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「その他運用管理関連」関連の特集


ITILは英国The Minister for the Cabinet Officeの登録商標および…



一人で情報システム部門の担当者を務める一人情シスの苦悩は、古今東西で共通して深い。この状況を打破する…



情報漏洩防止や法令遵守、グループ企業の統治強化・・・ガバナンスやリスク、コンプライアンスなど取り組み…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

データベースのマルチベンダー環境をサクッと監視する方法 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月24日(水),3月20日(火)   開催地 神奈川県   参加費 無料

●当初はOracleだけだったけど他のDBもまとめて管理することになった●属人化しているDB管理をチームで回せるようにしたい●ManageEngineの場合、何…

半日で習得するCSIRT構築の重要ポイント 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 1月24日(水),3月23日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 5万4000円(税込)

 CSIRTを効率的・効果的に構築するためには、ゼロから構築するのではなく、既存のインシデントレスポンス体制等を徹底的に活用することが重要なポイントです。 CS…

運用自動化体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 4月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

定常監視やメンテナンス等の定型業務、依頼や障害への対応作業などの運用業務が加速的に増加し、日々頭を悩まされていませんでしょうか。本セミナーでは、業務標準化、工数…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「変化する情報統制の形とそれに対応する課題解決へのアプローチ」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019113


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ