IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/02/20

EMC 情報インフラセミナー


EMCジャパン


EMC 情報インフラセミナーのセミナー概要 EMC 情報インフラセミナーのプログラム EMC 情報インフラセミナーの申込み



開催日時

2008年3月4日(火) 10:00〜17:00|申込み締切 2008年3月3日(月)
会  場 ザ・リッツカールトン大阪
大阪府大阪市北区梅田2丁目5番25号
梅田駅より徒歩5分、大阪駅より徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

200名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括
参加者特典
当日来場された方、先着50名様にQUOカードをプレゼント!


セミナー概要

仮想化、バックアップなど課題解決のヒントをご提供します。


調査会社IDCの発表によれば、今後しばらくの間、情報量は年率約60%の割合で増え続けると予測されています。しかし、多くの企業では情報が増え続けるだけで、最適な保存、管理、バックアップ、活用、セキュリティ対策などができていないのが現状ではないでしょうか。
企業統制の点においてもますます重要性が高まる情報管理。
本セミナーでは、お客様が日常業務の中で抱えている課題に対し、どのように解決していけばよいかのヒントを、EMCが持つ豊富なソリューションとともにご紹介いたします。
仮想化を中心に、EMCが得意とするバックアップ、災害対策ソリューション、そしてセキュリティ対策など最新情報を分かりやすく紐解いていきます。
2008年、EMCは、情報インフラソリューションのベスト・パートナーに生まれ変わります。
ぜひ、新しいEMCを体験してください!


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2008/03/04
10:00〜12:00

基調講演

ITインフラが統合が実現するビジネスバリュー
講師 森 泰成氏
アクセンチュア
グループ統括パートナー
2008/03/04
10:00〜12:00

基調講演

仮想化がITをどのように変革するか?
講師 三木 泰雄氏
ヴイエムウェア株式会社
代表取締役社長
2008/03/04
12:15〜13:00

NECが提唱するハイエンドストレージソリューションのご紹介

おかげさまで弊社とEMC社はアライアンスを組んで10年。この10年間で、ストレージを取り巻く環境は激しく変化し、災害対策用の長距離ミラーシステムなどがあたりまえのように検討される時代となりました。また、魅力あるミドルウェアも増えており、ソリューションの幅も広がってきております。
このセッションでは、弊社が考えるストレージソリューションを事例を交えて紹介します。
講師 井上 浩弓
日本電気株式会社
統括マネージャ
2008/03/04
12:15〜13:00

コンプライアンスの証明に不可欠なセキュリティ基盤の構築〜認証・アクセス管理から統合ログ管理まで〜

適用開始が目前に迫った日本版SOX法をはじめ、すでに施行済みの個人情報保護法やクレジットカード情報保護の業界ガイドラインである「PCIDSS」等、様々な法規制やガイドラインで企業の内部統制や情報保護が強く求められています。これにより適切なIT統制による内部統制の遂行と情報管理が急務とされています。
本セッションは、職務分掌の設定とシステム利用時の「本人認証の強化」や「アクセス管理」、システム全般の活動を監視し重大な問題の早期発見やIT統制が機能していることを証明するための「統合ログ管理」など、IT統制を機能させる上で重要な役割を果たすセキュリティ基盤構築についてご紹介します。
講師 轡田 拓也
RSAセキュリティ株式会社
営業推進部 シニアマネージャー
2008/03/04
13:15〜14:00

システム統合におけるデータ管理の最適解

企業における管理対象システムは年々複雑になり、管理対象データは増加の一途をたどっています。
このセッションではCTCが提唱するシステム統合の紹介と、肥大化するデータを管理する為の最適なソリューションを紹介させていただきます。
講師 相良 鉄兵
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
IT基盤ソリューション技術部 Storage基盤技術課
2008/03/04
13:15〜14:00

確実・迅速に災害対策を実現するEMCソリューション

昨今システムの災害対策に対する取り組みは、業種を問わず様々な企業が課題となっております。EMCは、シンプルかつ低コストのディスク・バックアップ・ソリューションから最先端のローカルおよびリモート・レプリケーション機能まで、広範なビジネス継続性ソリューションを提供しています。またEMCでは災害対策に対する長い歴史と経験により、RPO/RTOさらにそれ以外の観点からもお客様のビジネス継続性戦略のお手伝いを行えるサービス群をご提供いたします。
このセッションではEMCの災害対策ソリューションとEMCサービスについてご紹介いたします。
講師 松木 勇一
EMCジャパン株式会社
テクノロジー・コンサルタント
2008/03/04
14:15〜15:00

仮想化インフラストラクチャを支援するEMCテクノロジー

システムの効率性を高め、急速に増え続ける情報管理などの運用を容易にする仮想化。
本セッションでは、EMCの先進のストレージの仮想化技術とその関連技術を概観し、さらに、VMware仮想化環境をサポートする、バックアップなどの関連技術も併せてご紹介します。仮想化の情報インフラにおける重要性と、それによって得ることのできるメリットを解説します。
講師 雨堤 政昭
EMCジャパン株式会社
プロダクト・マネージャ
2008/03/04
14:15〜15:00

リース会計基準変更に伴う購入方法の変化

2008年4月から始まるリース会計基準変更は、リース業界のみならず、今までリースを活用されてきたお客様のビジネス運営にも多大なインパクトを与えうる内容です。
従来、リースを活用すれば、「初期導入費用の抑制」、「容易なコスト管理」、「オフバランス処理」等のメリットがありましたが、これらの恩恵をうけることができなくなる可能性が出てきます。
ただし、対策が無いわけではありません!その対策をわかりやすくご説明いたします。
講師 亀井 大輔
EMCジャパン株式会社
エリア・ファイナンス・マネージャ
2008/03/04
15:15〜16:00

IPストレージで情報インフラを簡素化!統合化!

Eメール、画像、設計・開発データ、各種ドキュメントなどの非構造化データやコンプライアンス対応データなどにより急膨張する情報量の特効薬は、やはりストレージインフラ統合です。しかしながら、コスト面・運用面などから導入が見送られてきたシステムも、IPストレージがその障壁を取り除くことが可能です。
本セッションでは、EMC IPストレージのその実力についてご説明します。
講師 雨堤 政昭
EMCジャパン株式会社
プロダクト・マネージャ
2008/03/04
15:15〜16:00

効率的な情報インフラを構築するバックアップ&リカバリのリファレンスアーキテクチャ

年々増大する企業の情報量に伴いITインフラの抜本的な見直しが必要になっています。
このセッションでは、バックアップ、リカバリ、そしてアーカイブを柔軟に組み合わせることで、最適なITインフラを構築するためのリファレンスアーキテクチャをご紹介します。さらに、統合バックアップ、重複除外技術、ディスクベースのリカバリ、自動化されたオンライン・アーカイブ等の先進技術も含めて解説します。
講師 巨勢 泰宏
EMCジャパン株式会社
BuRAプラクティス部

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


EMCジャパン株式会社
住 所 : 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
URL : http://japan.emc.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019036


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ