グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とは

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/02/20

グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とは


マイクロソフト


グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とはのセミナー概要 グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とはの申込み



開催日時

2008年4月4日(金)|申込み締切 2008年4月4日(金)
会  場 マイクロソフト 新宿本社 6F セミナールーム 10
東京都渋谷区代々木2-2-1

参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とは」の続きが読めます

グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とは」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とは」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

AIを生かしたクラウド型ERPが作る、新たなバックオフィス業務の姿とは? 【freee】 会計・人事労務を一気通貫で効率化 月に数十時間削減できるサービスとは 【freee】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】
ERP ERP ERP
AIを生かしたクラウド型ERPが作る、新たなバックオフィス業務の姿とは? 企業の根幹を支える会計・人事労務には、業務属人化や作業重複の手間やコストといった課題がつきまとう。解決の方法の1つは、複数回入力が前提の仕組みを変えることだ。 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。

「ERP」関連の特集


「そのミドルウェアの今後の動作を保証しない」「そのサーバOSはサポート終了」――ベンダー都合のリプレ…



外資系ベンダが日本独自のERP導入事情を踏まえた製品を揃えられるかが今後注目の「中堅・中小企業でのE…



ここ数年間でパッケージ化が進んでいる中堅・中小企業(SMB)のERP市場。その気になるシェア情報をお…


「ERP」関連のセミナー

【長野】 AI/IoT時代における基幹システムの在り方 ※軽食付 【アイ・ピー・エス/NTTコミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 長野県   参加費 無料

近年、ITが企業経営に与える影響は飛躍的に拡大してきています。「経営をITに活かす」のはもちろんのことで「新しいITが新しいビジネスモデルを生む」時代です。中堅…

基幹業務ERPパッケージ スーパーカクテルシリーズ ご紹介 【内田洋行】  

開催日 2月23日(金),6月12日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

業種特化型基幹システムはスーパーカクテルシリーズ!!内田洋行の持つオリジナルERPパッケージ「スーパーカクテルシリーズ」はお蔭様で本年21年目を迎えました。本パ…

クラウドERPはここまできた!SAPクラウドWebセミナー 【FutureOne】  

開催日 3月15日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

これまで新システム導入は、多大な時間もコストも要する一大プロジェクトでしたが、いまやシステムに求められる要件も大きく変化し、実装機能や業務との適合性よりも、導入…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グローバルで展開するために、求められる ERP の条件とは」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50019030


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ