SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューション

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/01/25

SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューション


富士ソフト


SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューションのセミナー概要 SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューションのプログラム SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューションの申込み



開催日時

2008年2月19日(火) 13:30〜16:30|申込み締切 2008年2月18日(月)
会  場 マイクロソフト株式会社 関西支店9階セミナールーム
大阪府大阪市福島区福島5-6-16  ラグザタワーノースオフィス
・JR 環状線「福島駅」 徒歩 1 分
・阪神「福島駅」西出口2より徒歩 1 分
・JR 東西線「新福島駅」出口1より徒歩 1 分
・JR 大阪駅 (梅田) 桜橋口から徒歩約 10 分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューション」の続きが読めます

SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューション」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューション」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】
文書管理 文書管理 文書管理
SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。

「文書管理」関連の特集


2013年度、139億円超となった文書管理ツール市場。今後、中堅・中小企業向けの実績拡大が期待される…



不正行為の証拠発見を人間の数千倍のスピードで実行できる人工知能が登場!訴訟大国アメリカでビジネスを行…



キャビネット3本を廃止、書類探しの時間を激減!?クライアント情報や業務に関連する画像、地図データなど…


「文書管理」関連のセミナー

オープンソースで「情報伝達の強化」と「セキュリティの強化」 【主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【DropBoxやGoogleDriveなどのオンラインストレージの普及と、それによる問題点】DropBoxやGoogleDriveなどの、オンラインストレージ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューション」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SharePointで始める文書管理・情報共有ソリューション」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50018654


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ