ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せ

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/01/16

ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せ


日本ヒューレット・パッカード/SAS Institute Japan


ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せのセミナー概要 ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せの申込み



開催日時

2008年2月19日(火) 14:00〜16:00|申込み締切 2008年2月18日(月)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社 市ヶ谷本社
東京都千代田区五番町7番地
市ヶ谷駅より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|その他

会員限定で「ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せ」の続きが読めます

ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

人気ゲームの作り方、データドリブンの開発でファンを獲得 【クリックテック・ジャパン】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI
データに裏付けられたゲーム開発 SEGAはどうやって高速PDCAを回したのか 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 BI導入は“使いたい”と思わせないと失敗する 役員も納得のBI活用の軌跡

「BI」関連の特集


業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…



データ量が増える中、高速なDBアプライアンス製品の導入による基盤系システムの再構築とともに導入が進む…



産学官で推進するジャパン・クラウド・コンソーシアムにM2M・ビッグデータWGが設立。M2M(Mach…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

BIツール・BOARD無料体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 2月2日(木),2月9日(木),2月16日(木),2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

マイクロストラテジー・アナリティクス 体験会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品のユーザー機能を中心にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビジネス・インテリジェンスで効果と経済性最大のITを目指せ」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50018441


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ