IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/01/10

「無停止・高可用性サーバ」セミナー


ユニアデックス/野村総合研究所/デル


「無停止・高可用性サーバ」セミナーのセミナー概要 「無停止・高可用性サーバ」セミナーのプログラム 「無停止・高可用性サーバ」セミナーの申込み



開催日時

2008年2月26日(火) 15:00〜17:20|申込み締切 2008年2月25日(月)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター(本社)
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル9階
・ JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・ 地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・ 地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
※地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|その他

会員限定で「「無停止・高可用性サーバ」セミナー」の続きが読めます

「無停止・高可用性サーバ」セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「無停止・高可用性サーバ」セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは 【デル】 ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス 【日本マイクロソフト株式会社】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月)

「統合運用管理」関連の特集


企業のITコストの約7割が、既存IT環境の維持や運用に費やされると言われている。これを解決するために…



サーバーの停止は業務の停止。業務の停止は企業活動の停止に繋がります。それを事前に防ぐ「サーバー監視ツ…



クラウドへの流れが加速する中、運用管理の現場でも様々な課題が浮上しつつある。仮想基盤管理の延長として…


「統合運用管理」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 10月20日(金),12月19日(火),1月19日(金)   開催地 神奈川県   参加費 無料

こんな方にオススメですこの手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい…

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】  

開催日 11月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 10月5日(木),11月2日(木),12月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「無停止・高可用性サーバ」セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「無停止・高可用性サーバ」セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50018312


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ