情報の流れを加速し、活きた情報を共有をする

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/12/28

情報の流れを加速し、活きた情報を共有をする


NECネクサソリューションズ


情報の流れを加速し、活きた情報を共有をするのセミナー概要 情報の流れを加速し、活きた情報を共有をするの申込み



開催日時

2008年1月25日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2008年1月25日(金)
会  場 Walk In Solution Center 関西
大阪府大阪市中央区城見一丁目3番7号(松下IMPビル2階)
JR・京阪 京橋駅 徒歩約5分
地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅 4番出口 徒歩約1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「情報の流れを加速し、活きた情報を共有をする」の続きが読めます

情報の流れを加速し、活きた情報を共有をする」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報の流れを加速し、活きた情報を共有をする」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

AsReaderApps 【アスタリスク】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


既存システムを使い続けながら、変化への対応を高度化するにはどうすればよいか?「システム統合基盤」はそ…



今までクラウドベースの業務システムをご紹介してきましたが、ビジネスの場面で一番多い“表計算ソフトの利…



対前年比9.1%増。今後はUHF帯RFIDシステムが普及の鍵を握ると見られる「RFIDリーダ・ライタ…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

塩漬けシステム再生!今取り組むべき、ITモダナイゼーション 【システムズ】 締切間近 

開催日 2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

マイグレーションプロバイダのシステムズでは、マイグレーションのリーディングプロバイダとして、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム…

Salesforce等「基幹クラウド」からの帳票出力をラクにする! 【日本オプロ/コクヨ】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、クラウドの活用は基幹系の業務システムにまで広がりを見せています。しかし、この際に課題となるのが帳票類の出力です。債権管理、受発注、製造、物流と、あらゆる業…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報の流れを加速し、活きた情報を共有をする」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報の流れを加速し、活きた情報を共有をする」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50018290


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ