「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/12/22

「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)


NECネクサソリューションズ


「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)のセミナー概要 「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)の申込み



開催日時

2008年1月18日(金) 14:40〜17:00|申込み締切 2008年1月18日(金)
会  場 Walk In Solution Center 中部
愛知県名古屋市中区錦1-17-1(NEC中部ビル)
市営地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅 9番・10番出口より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)」の続きが読めます

「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

サポート業務の停滞を解消、蓄積データの活用機運を高めた新CRMシステム 【バーチャレクス・コンサルティング】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 事例から学ぶ、わずか2カ月半でCTI連携のCRMシステムを構築する秘訣 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM
サポート業務の停滞を解消、蓄積データの活用機運を高めた新CRMシステム 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 事例から学ぶ、わずか2カ月半でCTI連携のCRMシステムを構築する秘訣

「CRM」関連の特集


名刺管理ツールも多種多様、どのツールが自社に最適なのか。そんな悩みに、ツール選定時に注目したい細かな…



 これまでクラウドのメリットや導入に関するポイントなどをご紹介してきましたが、読者の皆様から、導入事…



さまざまなコンテンツの管理サイクル全体をサポートできる「ECMツール」。基礎から最新動向までをわかり…


「CRM」関連のセミナー

Microsoft Dynamics365ハンズオンセミナー 【カコムス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice365/Dynamics365/Microsoft Azure/SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、2月…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】  

開催日 3月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「営業効率カイゼン化」セミナー(名古屋開催)」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50018228


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ