内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/12/17

内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介


東芝情報システム/RSAセキュリティ


内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介のセミナー概要 内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介のプログラム 内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介の申込み



開催日時

2008年1月18日(金)|申込み締切 2008年1月17日(木)
会  場 コンファレンススクエア エムプラス
東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル
JR東京駅 徒歩約2分、地下鉄二重橋前 徒歩約2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介」の続きが読めます

内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 統合ログ管理「LogRevi(ログレビ)」 【インテック】 PC操作記録 iDoperation SC 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 ログの種類をいくつ増やしても追加ライセンス不要!様々なログの取り込み実績あり!
大量のログ保管、高速検索、自動レポーティング!突合せ作業の自動化も実現。
サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。

「統合ログ管理」関連の特集


一口にPCログ監視ツールといっても、製品によって採取できるログの種類や機能も違えば、最近はSaaS型…



不測の事態に備えて保管するログを統合的に管理し役立つものに変える「統合ログ管理ツール」の基礎から活用…



中堅・中小企業では備えなければ取引先からの発注が止まるかもしれないと導入が急がれている「PCログ監視…


「統合ログ管理」関連のセミナー

最新版Logstorageのご紹介セミナー 【インフォサイエンス】 締切間近 

開催日 1月12日(木),1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ログ活用の事例を交えながら、統合ログ管理システムLogstorage最新版の機能をご紹介いたします。・セキュリティとログ管理・ログ管理の問題点とログストレージに…

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 1月12日(木),2月10日(金),3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制でのアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50018148


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ