手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/11/20

手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)


NECソフト/Infoblox/F5NETWORKS


手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)のセミナー概要 手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)のプログラム 手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)の申込み



開催日時

2007年12月4日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2007年12月3日(月)
会  場 新木場センタービル2F ソリューションスペース「サファイア」
東京都江東区新木場1-18-6 新木場センタービル2F
JR京葉線・東京メトロ有楽町線・りんかい線「新木場駅」より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)」の続きが読めます

手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。

「バックアップツール」関連の特集


なぜバックアップが必要なのか。その理由は何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることだ。ここに…



犬のしつけ方教室やペットホテルを営む今回の企業では、預かっている犬の大量の写真を顧客と共有することで…



東日本大震災以降、企業におけるBCP対策、ディザスタリカバリ対策の緊急対応が急速化し、その中の対応と…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「手軽にできるディザスタリカバリーセミナー(ネットワーク編)」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50017862


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ