IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/11/14

PostgreSQLの高可用性セミナー


SRA OSS日本支社


PostgreSQLの高可用性セミナーのセミナー概要 PostgreSQLの高可用性セミナーの申込み



開催日時

2007年11月29日(木) 13:30〜17:00|申込み締切 2007年11月28日(水)
会  場 全国情報サービス産業厚生年金基金 JJK 会館 2F Aホール
東京都中央区築地4丁目1番14号
浅草線・日比谷線 東銀座 6 番出口より徒歩約 3 分
大江戸線 築地駅 A3 出口より徒歩約 5 分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

その他
参加者特典
銀イオンOAクリーナー・環境にやさしい紙ボールペン

会員限定で「PostgreSQLの高可用性セミナー」の続きが読めます

PostgreSQLの高可用性セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「PostgreSQLの高可用性セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

“脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤(UnitBase) 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 全てのデータソースへSQLでアクセス、データ構造の壁を超えるRDBMSとは? 【日本アイ・ビー・エム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト
“脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに 全てのデータソースへSQLでアクセス、データ構造の壁を超えるRDBMSとは?

「データベースソフト」関連の特集


あらゆるシステムに必要となるDB。今回はRDBの新しい機能をまとめてさっくりご紹介します!



データベースの処理能力で悩む時代はもう終わり…処理が10倍近くも早くなる!?従来のディスク型データベ…



情報漏洩の大半が内部犯行によるデータベースの不正使用が原因。実際の事件を教訓に、DBセキュリティへの…


「データベースソフト」関連のセミナー

ExcelやAccessを本格DBにUPするdbSheetClientプレゼンセミナー 【ニューコム】  

開催日 8月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

データベースシステムに迫る脅威へ未来志向の解決策 【富士通】  

開催日 7月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「企業や組織の根幹を担うデータベースシステムの安定稼働は、常に脅威にさらされています。」 そう言われた時にどのような脅威を思い浮かべますか? 一つはサイバー攻撃…

dbSheetClient プレゼンセミナー 大阪≫ Excel/AccessのWeb化 【ニューコム】  

開催日 8月7日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

 多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求に対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PostgreSQLの高可用性セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PostgreSQLの高可用性セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50017789


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ