システム運用管理のJP1ステップアップセミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/10/26

システム運用管理のJP1ステップアップセミナー


アシスト


システム運用管理のJP1ステップアップセミナーのセミナー概要 システム運用管理のJP1ステップアップセミナーの申込み



開催日時

2007年11月16日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2007年11月15日(木)
会  場 株式会社アシスト 市ヶ谷セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分
    または
JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「システム運用管理のJP1ステップアップセミナー」の続きが読めます

システム運用管理のJP1ステップアップセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「システム運用管理のJP1ステップアップセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 Windows環境のインベントリ情報を可視化――無償ツールの使い方を徹底解説 【日本マイクロソフト】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは? Windows環境のインベントリ情報を可視化――無償ツールの使い方を徹底解説

「統合運用管理」関連の特集


「運用管理に人を割く余裕がない…」企業のシステム環境が複雑化し、管理・監視対象が広がり、管理者の負担…



働けど働けど、我が"運用管理負荷"軽くならざり・・・。そんな方必見!「統合運用管理ツール」の基礎をア…



2009年度の市場金額が微増に留まった「統合運用管理ツール」。数量・金額ベースともにシェアトップのベ…


「統合運用管理」関連のセミナー

JP1ジョブ管理製品の最適な導入設計! 【主催:アシスト】  

開催日 5月18日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

アシスト技術が導入設計フェーズで押さえるポイントを惜しみなく公開JP1は非常に多くの機能を有しているため、パラメータ設計時はある程度の経験やノウハウが必要です。…

ISO/IEC 20000 ITサービスマネジメントプロフェッショナルコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 3月5日(月)〜3月9日(金),7月23日(月)〜7月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 30万2400円(税込)

本コースは、受講生がITサービスマネジメントシステム ISO/IEC 20000に基づくマネジメントシステム監査を、監査責任者、または審査チームのリーダーとして…

JP1 IT運用自動化ハンズオンセミナー 【主催:アシスト】  

開催日 7月4日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

運用業務の標準化、効率化をお考えのご担当者様に、JP1/AOとJP1/NPをご紹介します。実際に製品を操作し、IT運用の自動化方法や運用手順の標準化方法を体験い…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

システム運用管理のJP1ステップアップセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム運用管理のJP1ステップアップセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50017529


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ