IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/10/20

本当は安いSAPのERP


NECネクサソリューションズ/SAPジャパン


本当は安いSAPのERPのセミナー概要 本当は安いSAPのERPの申込み



開催日時

2007年11月22日(木) 10:00〜12:00|申込み締切 2007年11月21日(水)
会  場 Walk In Solution Center 東京
東京都港区三田1-4-28(三田国際ビル1階)
都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅 赤羽橋出口より徒歩3分
都営地下鉄三田線 芝公園駅 A2出口より徒歩8分
JR山手線・京浜東北線 田町駅 三田口(西口)より徒歩13分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「本当は安いSAPのERP」の続きが読めます

本当は安いSAPのERP」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「本当は安いSAPのERP」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

マンガで解説:月次決算報告に、経営者の知りたいデータを盛り込むには? 【株式会社ミロク情報サービス】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
ERP ERP ERP
マンガで解説:月次決算報告に、経営者の知りたいデータを盛り込むには? ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。

「ERP」関連の特集


2011年度、前年比増となったベンダは、業種テンプレートの拡充などによるところが大きいようです。シェ…



「クラウドERP」への関心や導入意欲が急速に高まりつつあるという。ユーザはどういった理由でクラウドE…



従来、ERPに最も期待されてきたのが業務プロセスの効率化を達成することでした。しかし現在、ERPパッ…


「ERP」関連のセミナー

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【名古屋】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 5月18日(木),6月15日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【大阪】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 5月11日(木),6月8日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

アイネスSAPセミナー 2017春 IN 東京 【アイネス】  

開催日 5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 基幹系システムのマスターデータは、企業活動を継続する上で欠かせないものであり、多大なコストをかけて積み重ねてきた最も重要な資産の1つです。 その重要な資産であ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

本当は安いSAPのERP」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「本当は安いSAPのERP」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50017426


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ