IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/10/16

内部統制直前対策 第二弾


インフォコム

内部統制直前対策 第二弾のセミナー概要 内部統制直前対策 第二弾のプログラム 内部統制直前対策 第二弾の申込み



開催日時

2007年10月25日(木) 14:00〜16:30|申込み締切 2007年10月24日(水)
会  場 インフォコム株式会社 本社4階(御茶ノ水)  セミナールーム
東京都千代田区神田駿河台3-11 三井住友海上駿河台別館
■東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩2分
■JR線「御茶ノ水」駅より徒歩3分
■都営新宿線「小川町」駅より徒歩3分
■東京メトロ丸の内線「淡路町」駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|その他

会員限定で「内部統制直前対策 第二弾」の続きが読めます

内部統制直前対策 第二弾」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制直前対策 第二弾」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 電子帳簿保存法の要件緩和が企業に与える影響は ポイント解説 【ハイパーギア】 紙文書電子化の進めかた クラウドやe-文書法にも対応 【ハイパーギア】
文書管理 文書管理 文書管理
紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 電子帳簿保存法の要件緩和は企業をどう変えるのか──重要ポイントを解説 紙文書を新たな価値に変える電子化の進めかた――クラウドやe-文書法にも対応

「文書管理」関連の特集


「文書管理」を行う上で大切な業務フローの整理方法から、費用対効果の算出方法まで、導入時に欠かせない情…



ペーパーレス化が叫ばれて数十年、劇的に紙が減ったと感じる人はわずか。進まないペーパーレス化の実態をア…



クラウドやBIなどと連携するためのカスタマイズ性を強化することも重視される同市場。拮抗する上位のベン…


「文書管理」関連のセミナー

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート2) 【SDLジャパン】  

開催日 3月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 3万8880円(税込)

■SDL Trados Studio 2017 初級コース パート2 (翻訳サプライチェーンとの連係と翻訳資産の構築) SDL Trados Studio 2…

Tradosハンズオントレーニング (PMコースパート1) 【SDLジャパン】  

開催日 3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2017 プロジェクトマネージャコース (パート1:プロジェクトの管理) 初めてSDL Trados を使う翻訳発注管理者…

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート2) 【SDLジャパン】  

開催日 2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込)

■SDL Trados Studio 2017 初級コース パート2 (翻訳サプライチェーンとの連係と翻訳資産の構築) SDL Trados Studio 2…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制直前対策 第二弾」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制直前対策 第二弾」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50017346


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ