IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2007/10/17

SAS Solution Day 2007 大阪フォーラム


SAS Institute Japan


SAS Solution Day 2007 大阪フォーラムのセミナー概要 SAS Solution Day 2007 大阪フォーラムのプログラム SAS Solution Day 2007 大阪フォーラムの申込み



開催日時

2007年11月28日(水)|申込み締切 2007年11月22日(木)
会  場 ヒルトンプラザ ウエスト(第二吉本ビルディング)
大阪府大阪市北区梅田2-2-2
JR大阪駅より徒歩2分
地下鉄四ツ橋線 西梅田駅より徒歩すぐ
地下鉄御堂筋線 梅田駅より徒歩5分
地下鉄谷町線 東梅田駅より徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|製造・生産管理


セミナー概要

製造業に求められる「分析力」とは


「分析力」。それは情報活用の巧拙が企業価値を左右する昨今、欠かせない競争力の源泉。
全社的な情報プラットフォームの構築、製品サプライチェーンの最適化、そしてサービス・サプライチェーンへの挑戦−。
製造業に求められる分析力は多様化の一途を辿っています。
SAS Solution Day 2007 大阪フォーラムでは、こうした製造業の情報活用最前線をご紹介。
最先端の「分析力」を体感して下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2007/11/28
13:10〜14:00

ハイパフォーマンスビジネス実現に向けたビジネス・インテリジェンス(BI)の方向性

講師 後藤 洋介
アクセンチュア株式会社 インフォメーションマネジメントサービス グループ統括
パートナー
2007/11/28
14:00〜14:20

SAS Intelligence Solutionsの活用による企業成長─SASの製造業向けソリューションの全体像─

これまで多くの企業は業務プロセスの標準化、統合化を実現し、不要なコストを削減することにITを活用してきました。今後は実行レベルで正規化、標準化されたデータを、より有益に経営戦略と密接に連携させ、企業成長を促進していくことが重要と言えます。
当セミナーではIntelligence Solutionがこの命題をどのように実現しているかをご紹介いたします。
講師 上田誠
SAS Institute Japan株式会社 大阪支店
支店長
2007/11/28
14:40〜15:20

競争力を生み出す情報プラットフォームとは

情報活用の巧拙が企業価値を左右する昨今、情報プラットフォームへの投資は重要度を増しつつあります。しかし、どのような視点で情報プラットフォームを選択すれば良いのか? 
本講演では、SASのエンタープライズBIについて、コストと得られる効果という2つの視点からご紹介いたします。
講師 池本洋信
SAS Institute Japan株式会社 ビジネス開発本部 プラットフォームビジネス開発部
部長
2007/11/28
15:20〜16:00

サービスパーツの在庫最適化 ―在庫、サービスレベル、収益、そして顧客満足―

サービス・パーツにまつわる課題として真っ先に挙げられる、サービスレベル向上と在庫削減の
両立。この一見すると矛盾する課題に取り組むためには、既存の製品サプライチェーンでは不十分であり、サービス・パーツ特有の要件、例えば間歇需要や超長期需要の予測に応えられるサービス・サプライチェーンの構築が必要です。
本講演ではSASが提供するサービス・パーツ在庫最適化ソリューションについて、導入事例を交えながらご紹介いたします。
講師 山下克之
SAS Institute Japan株式会社 ビジネス開発本部ソリューションビジネス開発第2部
部長
2007/11/28
16:10〜16:50

ワランティ・リスクを回避せよ―不具合品対策コストの削減と企業価値向上―

製品回収が相次ぐ昨今。不具合製品の無償回収・修理にともなうリスクと対策コストは高まり続けています。また、改正消費生活用製品安全法の施行により、企業はますます責任を厳しく問われ
アフターサービスに要する負担増は避けられません。 こうした状況において、顧客満足度を向上させつつ、コスト削減を実現するためにはどのような仕組みが必要か。事例をもとにSASの取り組みをご紹介いたします。
講師 石井宏司
SAS Institute Japan株式会社 ビジネス開発本部ソリューションビジネス開発第2部
マネージャー
2007/11/28
16:50〜17:40

サプライ・チェーン・マネジメント改革における「これまで」の取り組みと「これから」の展望

本講演では、「顧客サービスの向上」と「トータルコストの低減」を掲げて各社が過去10年ほどの間に成果をあげてきたサプライ・チェーン・マネジメントの代表的な改革テーマをご説明するとともに、グローバル化対応や環境対応など、今後一層の強化が必要と考えられる分野における先進企業の取り組み内容や動向についてご紹介いたします。
講師 本木 昌裕
ベリングポイント株式会社
マネージングディレクター

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


SAS Institute Japan株式会社
住 所 : 東京都中央区勝どき1-13-1 イヌイビル・カチドキ
e-mail : sas-ssd@go-event.info
URL : http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50017302


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ