気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/09/22

気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナー


三菱電機インフォメーションテクノロジー

気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナーのセミナー概要 気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナーのプログラム 気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナーの申込み



開催日時

2007年10月12日(金)|申込み締切 2007年10月11日(木)
会  場 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社 本社
東京都品川区北品川1-8-11 (ダヴィンチ品川 II 2階)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ
参加者特典
ご来場の皆さまにもれなく図書カード進呈中

会員限定で「気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナー」の続きが読めます

気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 2週間かけていた予算集計 完成度を上げつつも劇的に工期短縮させた方法とは “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「BI」関連の特集


2010年度、数量2200本、207億円であった「BIツール」市場。数量ベースで34.1%を獲得し、…



ビジネス環境が変化して陳腐化していったBIツール。このような経験を繰り返さないためには、どのように選…



宅配事業において、各世帯の潜在ニーズの分析や実際のレスポンスが把握しにくいという課題を抱えていたコー…


「BI」関連のセミナー

ヤンマー、リコーが解説 データ分析実践セミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

BIツール TableauDesktopハンズオンセミナー 【ソフィア総合研究所】  

開催日 9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――社内のデータを有効活用したい方、データ分析に掛かっている工数を削減したい方必見! ――…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「気軽に使える情報分析ツールXE ご案内セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50017036


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ