営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/08/21

営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!


エヌ・アイ・コンサルティング

営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!のセミナー概要 営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!のプログラム 営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!の申込み



開催日時

2007年9月5日(水)|申込み締切 2007年9月4日(火)
会  場 ジャフコホール
東京都千代田区丸の内1-8-2 第二鉄鋼ビル9F
JR「東京」駅八重洲北口より徒歩3分

地図はこちら
参加費

有料 5000円(税込)
定 員

80名
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|情報システム部の統括
参加者特典
『ITで営業を変える、経営を変える。』(読み切りマンガ)をセミナー当日に配布します。

会員限定で「営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!」の続きが読めます

営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】
CRM CRM CRM
電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。

「CRM」関連の特集


統合的なCRMソリューションを提供しているtopベンダ3社に、現在のCRMトレンドや自社の強み、これ…



近年、新たなマーケティング手法として「インバウンド・マーケティング」という言葉が国内で定着しつつある…



CRMシステムをせっかく導入したのに「うまく使いこなせない」「結局使わなくなってしまった」というケー…


「CRM」関連のセミナー

マーケティングオートメーション活用セミナー 【ブレインパッド】  

開催日 8月8日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社ブレインパッドは、2017年8月8日(火)に「マーケティングオートメーション活用セミナー 〜 導入前の超重要タスク!要件整理編 〜」を開催いたします。本…

点検・保守・修理業務の報告書改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/G-Smart】 締切間近 

開催日 7月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

点検・保守・修理業務では、作業依頼・手配〜作業完了、完了後の報告書作成〜承認まで、非常に多くの時間とコストを費やしています。未だに手書きの報告作 成も多くの現場…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「営業品質とスピードを高め、マーケット縮小時代を勝ち抜け!」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50016514


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ