「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/08/10

「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナー


京セラ丸善システムインテグレーション 京都営業所

「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナーのセミナー概要 「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナーのプログラム 「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナーの申込み



開催日時

2007年9月4日(火) 13:30〜16:30|申込み締切 2007年9月3日(月)
会  場 メルパルク大阪 ソレイユ
大阪府大阪市淀川区宮原4-2-1
JR新大阪駅徒歩8分。
地下鉄御堂筋線新大阪駅下車徒歩5分。
JR大阪駅からタクシー約10分。

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ

会員限定で「「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナー」の続きが読めます

「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】
文書管理 文書管理 文書管理
●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。

「文書管理」関連の特集


マルチデバイス対応が進み、更に利便性が増した「文書管理ツール」。ソーシャル時代に生まれた新しいコラボ…



税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくる…



経済低迷下においても、内部統制やJ-SOX法対応等により一定の需要拡大が見込まれる文書管理ツールのベ…


「文書管理」関連のセミナー

事例から学ぶ!図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは 【オーシャンブリッジ】  

開催日 9月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠点にもスムーズに共有することが求められていますが、情報漏えいや二次利用を心配…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「可視化経営ツール(Yellowfin/GreenfileX)」活用支援セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50016449


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ