IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/07/14

内部統制整備支援 セミナー


日立ソフト

内部統制整備支援 セミナーのセミナー概要 内部統制整備支援 セミナーの申込み



開催日時

2007年8月1日(水) 15:00〜17:30|申込み締切 2007年7月31日(火)
会  場 日立ソフト本社 日立ソフトタワーA 3Fショールーム
東京都品川区東品川4-12-7 日立ソフトタワーA
りんかい線 「品川シーサイド駅」 より徒歩1分
京浜急行線 「青物横丁駅」 より ------ 徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO

会員限定で「内部統制整備支援 セミナー」の続きが読めます

内部統制整備支援 セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制整備支援 セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】
文書管理 文書管理 文書管理
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

「文書管理」関連の特集


ペーパーレス化が叫ばれて数十年、劇的に紙が減ったと感じる人はわずか。進まないペーパーレス化の実態をア…



富士キメラ総研の調べによると、2012年にかけて約5〜16%の市場の成長が見込まれている文書管理ツー…



マルチデバイス対応が進み、更に利便性が増した「文書管理ツール」。ソーシャル時代に生まれた新しいコラボ…


「文書管理」関連のセミナー

【大阪開催】領収書、請求書などの電子化要件と成功事例 【大塚商会】  

開催日 2月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

電子帳簿保存法スキャナ保存の要件緩和から2年が経過し、申請企業が急増中です。本セミナーは、東京国税局に国税専門官として採用後、情報技術専門官として電子帳簿保存法…

【東京開催】領収書、請求書などの電子化要件と成功事例 【大塚商会】 締切間近 

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

電子帳簿保存法スキャナ保存の要件緩和から2年が経過し、申請企業が急増中です。本セミナーは、東京国税局に国税専門官として採用後、情報技術専門官として電子帳簿保存法…

電子契約とスキャナ保存申請を活用した真のペーパーレスを考える 【GMOクラウド/JFEシステムズ/シー・ディ・エス・テクノロジー/GMOグローバルサイン】  

開催日 2月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革を進めるにあたって、契約業務・書類のペーパーレス化は待ったなしの状況です。印紙税削減効果もある電子契約とともに、要件緩和されたe-文書法(電子帳簿保存…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制整備支援 セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制整備支援 セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50016156


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ