IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/07/06

富士通フォーラム2007


富士通/エヌ・アイ・コンサルティング

富士通フォーラム2007のセミナー概要 富士通フォーラム2007のプログラム 富士通フォーラム2007の申込み



開催日時

2007年7月26日(木)|申込み締切 2007年7月25日(水)
会  場 大阪国際会議場
大阪府大阪市北区中之島5-3-51

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

経営者CIO

会員限定で「富士通フォーラム2007」の続きが読めます

富士通フォーラム2007」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「富士通フォーラム2007」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office on cybozu.com」 【サイボウズ】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】
グループウェア グループウェア グループウェア
サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 45000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。

「グループウェア」関連の特集


日常業務に不可欠なグループウェア。今後はSaaS型の伸びが予想されるが、今回はパッケージ製品のベンダ…



ユーザ企業のIT担当者439人を対象に「ITによる社内コミュニケーション・情報共有」の調査を実施。社…



種類も目的も多様なコラボレーションツールの中から自社業務に最適なものを選んで導入するのは大変そう………


「グループウェア」関連のセミナー

IT部門必見!Office 365 / G Suite 徹底解剖セミナー 【富士ソフト】  

開催日 2月1日(水),2月10日(金),2月15日(水),2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウドファーストという言葉が定着してきた昨今、日々の業務で欠かすことのできないメールや情報共有を効率化するためにクラウド化を検討していませんか?本セミナーでは…

Office 365 失敗しないための社内ポータル構築と運用 【ディスカバリーズ】  

開催日 2月27日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365を導入して社内の情報共有や情報活用のために社内ポータルを検討するお客様は増える一方で、どのようなサイトを作ったらよいかイメージがつかない、活…

企業の情報活用を推進!クラウド活用フェア 【協立情報通信】  

開催日 2月9日(木)〜2月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

情報化社会におけるIoT、AIなどの進化はめざましく、まさにビジネス創造の好機といわれております。また、政府主導の「働き方改革」に伴い、働き方の多様化に対応する…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

富士通フォーラム2007」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「富士通フォーラム2007」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50016025


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ