IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/06/14

第6回 APC Availability Seminar


エーピーシー・ジャパン/富士通

第6回 APC Availability Seminarのセミナー概要 第6回 APC Availability Seminarのプログラム 第6回 APC Availability Seminarの申込み



開催日時

2007年7月20日(金) 13:00〜17:00|申込み締切 2007年7月19日(木)
会  場 富士通Platform Solution Center
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル(受付30階)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |経営者CIO|ネットワークの設計・運用
参加者特典
ご参加いただいた方全員に、APCショッピングエコバッグを差し上げます


セミナー概要

事業継続に向けた強いシステム構築とは?


情報システムは企業にとって今や生命線であり、企業の継続性そのものを支えることは近年発生している多くのシステム障害の例からも明らかです。第6回APC Availability Seminarは、企業の継続性を支える物理インフラとITシステムの効果的な選定方法と事業継続の施策をテーマに開催いたします。
ITシステムを支える物理インフラの最重要課題として近年注目を集める「サーバルームの高密度化・熱問題」は、最悪の場合システムダウンをもたらします。そこで、APCからは、サーバルームの熱問題を効率的に解決し、止まらないシステム運用を実現するために必要な物理インフラの構築ポイントをご説明します。
次に、富士通様より堅牢なITシステムを構築するための製品選定として、高信頼/高可用技術を備えた『SPARC Enterprise』についてご講演いただき、お客様に最適解をご提供いたします。
また、これらの物理インフラやITシステムを構築する際の事業継続計画の策定にあたっての課題や課題解決への取組み方法についてご紹介いたします。企業価値そのものを高める事業継続に興味はあるが具体的な策定方法が分からないという方にお勧めです。
第6回APC Availability Seminarへ皆さまのご参加をお待ちいたしております。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2007/07/20
13:30〜14:30

物理インフラで止まらないITシステムを 〜サーバルームを脅かす熱問題に挑む〜

講師 間宮 基晴
株式会社エーピーシー・ジャパン
ストラテジックパートナー・OEM営業部
2007/07/20
14:30〜15:30

業務継続性は高信頼/高可用技術が支える!〜 新SPARC/Solarisスタンダード「SPARC Enterprise」 が最適解を提供 〜

講師 志賀 真之様
富士通株式会社
プラットフォームソリューションセンター ISVセンター プロジェクト課長
2007/07/20
15:30〜15:40

休憩

2007/07/20
15:40〜16:40

情報システムにおける事業継続計画の策定方法(IT-BCP)

講師 古本 勉様
株式会社富士通総研(FRI)
第三コンサルティング本部 BCM事業部 シニアマネージングコンサルタント

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社エーピーシージャパン
住 所 : 東京都港区芝公園2-4-1 ダヴィンチ芝パークB-13階
e-mail : apcjpromo@apcc.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015732


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ