シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューション

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/06/13

シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューション


シマンテック

シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューションのセミナー概要 シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューションのプログラム シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューションの申込み



開催日時

2007年6月28日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2007年6月27日(水)
会  場 TKP 東京駅八重洲ビジネスセンター ホール B
東京都中央区京橋 1-10-3 服部ビル 4F
JR東京駅「八重洲口」より徒歩4分
銀座線「京橋駅」より徒歩6分、
銀座線・東西線・都営浅草線「日本橋駅」より徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用

会員限定で「シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューション」の続きが読めます

シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューション」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューション」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップツール」関連の特集


バックアップ改善の動きは確かに広がっている。だがその動きは、東日本大震災を経てもなお、まだ一部の企業…



情報爆発時代を迎え企業システムのデータ量は増すばかり…。バックアップ時間を最大1/10に短縮したり、…



きちんとできていることが大切なバックアップ。でも、評価されにくい作業の 1つではあります。だからこそ…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューション」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シマンテック最先端のディスクベースバックアップソリューション」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015693


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ