見える化から見せる化による経営戦略の実現へ

IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/06/12

見える化から見せる化による経営戦略の実現へ


CSKシステムズ

見える化から見せる化による経営戦略の実現へのセミナー概要 見える化から見せる化による経営戦略の実現へのプログラム 見える化から見せる化による経営戦略の実現への申込み



開催日時

2007年7月6日(金) 13:30〜16:50|申込み締切 2007年7月4日(水)
会  場 CSK青山ビル 3階 セミナールーム
東京都港区南青山2丁目26番1号
地下鉄銀座線 「外苑前駅」 1b出口より右手すぐ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|その他


セミナー概要

 経営の可視化・見える化を実現するためのポイントは、経営課題を改善するアクションプランとそれに必要な情報をいかに整理し統合化するかにあります。さらに、その情報基盤を導入した後は、いかに使い続けるかを考え・推進していくことも、見える化を実現するためには、重要なポイントとなります。情報システム部門の視点から経営の可視化・見える化を支援する内容のセミナーとなっておりますので、この機会にぜひご参加いただきたく、ご案内申し上げます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2007/07/06
13:30〜13:40

オープニングご挨拶

講師 田邉 博道
株式会社CSKシステムズ ソリューショングループ
統括担当
2007/07/06
13:40〜14:40

情報基盤構想・構築のポイントと見える化浸透のための処方箋

経営の可視化・見える化を推進するにあたっては、その実現を支援する情報システムが継続的に活用され続けるかという点が大きな課題となります。情報基盤の構想策定・構築に関するアプローチ方法について、BIコンピテンシーセンタの考え方も交えながら、見える化から見せる化への施策を、事例を踏まえてそのポイントをご紹介いたします。
講師 香取 浩二
株式会社CSKシステムズ ソリューショングループ フロントサービス開発部
2007/07/06
14:40〜15:30

経営課題の可視化を実現するエンタープライズ・データウェアハウス(EDW) 〜EDWの構築手法とリアルタイムBIのご紹介〜

今やDWHは全社情報基盤のエンタープライズ・データウェアハウス(EDW)へと進化し、更にリアルタイム化が求められています。本講演では、EDWの構想策定から実現に至るロードマップの作成手法について事例を交えながらご紹介いたします。また、最近ニーズが高まっているリアルタイム指向の“アクティブ・エンタープライズ・インテリジェンス”の考え方および先進事例もご紹介いたします。
講師 金井 啓一 氏
日本NCR株式会社 テラデータ事業本部 EDW戦略統括部
統括部長・エグゼクティブコンサルタント
2007/07/06
15:30〜15:45

ティーブレイク

2007/07/06
15:45〜16:45

データ連携・統合の実現を加速する企業システム基盤

企業レベルでのDWHの構築やシステム構築においてデータのスムーズな連携・移行・統合は欠かせない重要な課題です。企業内に散在するあらゆる形式のデータ統合に必要な企業システム基盤のご説明、ならびに方法論であるICC(インテグレーションコンピテンシーセンタ)などのご紹介など、運用コストの削減をも視野にいれた重要なポイントをご説明いたします。
講師 並木 正之 氏
インフォマティカ・ジャパン株式会社 営業本部 プリセールス部
部長

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社CSKシステムズ
住 所 : 東京都港区南青山2丁目26番1号
TEL : 03-6438-3298
FAX : 0800-500-4001
e-mail : csk-seminar@csk.cco.co.jp
URL : http://www.csk.com/systems/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015650


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ