CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/06/09

CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割


月刊CIO Magazine/IDGジャパン

CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割のセミナー概要 CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割の申込み



開催日時

2007年7月18日(水) 10:00〜17:25|申込み締切 2007年7月17日(火)
会  場 大阪全日空ホテル
大阪府大阪市北区堂島浜1-3-1

地図はこちら
参加費

無料
定 員

200名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割」の続きが読めます

CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 ZeeM 会計 【クレオ】 クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」 【BearTail】
会計システム 会計システム 会計システム
豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。

「会計システム」関連の特集


システム活用における重視事項として「管理会計の強化による経費の削減」が最も多くあげられた同市場でシェ…



業績結果の理由について、社長が答えられるのは当たり前。と思いつつも、実際、適切な回答ができる社長や経…



「このままだとコストが…」介護施設の拠点増設に伴い問題となったのは、1ヵ所で管理していた会計処理が、…


「会計システム」関連のセミナー

ICS会計システムセミナー2017 夏 【ICSパートナーズ】  

開催日 9月13日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017夏』では“会計情報とビジネス操舵。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の背景・シス…

経理部門向け課題解決セミナー 【スーパーストリーム】  

開催日 9月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「SuperStream-NX」は、20年以上お客様を始めとしたマーケットの 声に耳を傾け、8400社以上のお客さまにご活用頂ながら機能を磨き続けてきた経営基盤…

ICS会計システムセミナー2017 夏 【ICSパートナーズ】  

開催日 8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017夏』では“会計情報とビジネス操舵。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の背景・シス…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CIO特別フォーラム in OSAKA 内部統制とITの役割」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015614


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ