IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/06/07

SMILE FESTA’07


大塚商会

SMILE FESTA’07のセミナー概要 SMILE FESTA’07のプログラム SMILE FESTA’07の申込み



開催日時

2007年6月19日(火) 10:00〜18:00|申込み締切 2007年6月15日(金)
会  場 大塚商会 本社ビル3F
東京都千代田区飯田橋2-18-4
JR飯田橋駅または水道橋駅より徒歩6分

参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「SMILE FESTA’07」の続きが読めます

SMILE FESTA’07」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SMILE FESTA’07」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

“デジタルトランスフォーメーション”を実践する方法 【アドビ システムズ 株式会社】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理
実は中途半端なデジタル化 プロセスに依存する紙の呪縛から解放できる? 企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「文書管理」関連の特集


SOX法施行目前で“文書化・保存”は緊急課題!今回は文書化実務作業の強力な助っ人「SOX法対策支援ツ…



紙が残る理由は「印鑑」? 運用ルールに残る「紙」文化の名残りをどこまでい引っ張るつもり?



不正行為の証拠発見を人間の数千倍のスピードで実行できる人工知能が登場!訴訟大国アメリカでビジネスを行…


「文書管理」関連のセミナー

改正電子帳簿保存法対策セミナー 【アクタスマネジメントサービス/パナソニック ネットワークソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント/協立情報通信】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

高度情報化・ペーパーレス化が進展する中で、会計処理の分野でもクラウドを使用した書類の作成が普及してきています。昨年度には、電子データ等により一部書類の保存を認め…

SDL Trados Studio Basic 4 「用語集の作成と管理」 【SDLジャパン】  

開催日 6月8日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

用語集の作成方法と管理方法について説明します。SDL Trados StudioにはSDL MultiTerm Desktopという用語ベース作成ソフトウェアが…

紙文書どう管理しますか?文書管理を効率化する方法とは 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 4月26日(水),5月25日(木),6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

増え続ける紙文書の管理にうんざりしていませんか。例えば、・書庫に毎回文書を探しに行かなければならない・関係書類を色々な場所からかき集めなければならない・誰がどの…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SMILE FESTA’07」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SMILE FESTA’07」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015594


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ