システム資産の変化対応力が事業パフォーマンスを決める

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/05/24

システム資産の変化対応力が事業パフォーマンスを決める


データ総研

システム資産の変化対応力が事業パフォーマンスを決めるのセミナー概要 システム資産の変化対応力が事業パフォーマンスを決めるのプログラム システム資産の変化対応力が事業パフォーマンスを決めるの申込み



開催日時

7月5日(木) 10:00〜17:00|申込み締切 7月2日(月)
会  場 アイビーホール青学会館
東京都渋谷区渋谷4-4-25
東京メトロ表参道駅B3出口より徒歩5分
JR渋谷駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

120名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用


セミナー概要

〜見える化、迅速化、保守プロセス改善、情報品質向上〜


近年のビジネスとその環境変化は、例えば法改正期限への対応、事業やプロセスの統合、新商品投入などにともなう超短期間でのシステム開発など、情報システムサイドで事前に想定したことなどとは無関係にどんどん加速しています。
そのような状況に対応するためには、コンプライアンスや情報品質向上のためにデータ品質を高めておく、情報システム内部を見える化し、早く安く開発・保守を実現する、開発や保守プロセスを標準化し、品質を高めることなどが求められます。
言い換えると、データを含むシステム資産管理により、情報システムの変化対応力を強化することが事業パフォーマンスを向上させるのです。
本セミナーでは、住友スリーエム様、日揮情報システム様、大手生命保険会社様、KT FREETEL様(※韓国の移動体通信事業者)のシステムの資産管理や可視化事例を通して、これらが経営に与えるインパクトについてご講演いただきます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

10:00〜10:10

開会のあいさつ

10:10〜11:10

システムライフサイクルを通したモデルマネジメントの実践

■JGC/J-SYSにおけるモデルマネジメント取組みについて
■モデルマネジメントに関するJ-SYSの提案と今後の課題について
講師 飯島 雅
日揮情報システム株式会社
ソリューション本部 基盤技術サービス部長
11:20〜12:20

生保会社における開発・保守生産性対策の事例紹介 〜開発・保守基盤の高度化を目指して〜

■レガシシステムの大規模・先進的データ管理の実現
■データ定義品質の具体的な向上策と簡便なツールの活用
■今後の保守のナレッジ管理に向けた展開方針
講師 市堀 誠治
株式会社データ総研
コンサルティンググループ シニアコンサルタント
12:20〜13:20

昼食

13:20〜14:20

世界の3Mとしての情報資源管理(IRM)の実践とJ-SOXへの対応

■“見える化”をサポートするIT:データと情報、情報のJIT化
■ITを“見える化”する仕組み:情報資源を資産として管理
■ITのSOX対応:これもITの“見える化”への取り組みの1つ
講師 中村 隆夫
住友スリーエム株式会社
情報システム本部 統轄部長
14:30〜15:40

データ品質管理に向けた全社メタシステム構築

■全社メタデータシステム概要
■全社メタデータシステム構築及び活用
講師 Oh JinSoo
KT FREETEL社
Deputy Director
16:00〜16:50

全社情報システムアーキテクチャ

■DOAの本質と限界
■フェデレーション・アーキテクチャ
■DOAとSOA (Service Oriented Architecture)
■リポジトリはシステム開発・保守のためのデータベース
■全社情報アーキテクチャの設計
講師 椿 正明
株式会社データ総研
DRIフェロー
16:50〜17:00

全体質疑応答、閉会のあいさつ

17:15〜19:00

情報交換会

※別室にて軽食とお飲物をご用意しております。(有料:5000円/1名・税込)

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社データ総研
住 所 : 東京都中央区日本橋小伝馬町4-11 サンコービル
TEL : 03-5695-1651
FAX : 03-5695-1656
e-mail : seminar@drinet.co.jp
URL : http://www.drinet.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015415


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ