内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/05/23

内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナー


ディー・オー・エス

内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナーのセミナー概要 内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナーの申込み



開催日時

6月22日(金)|申込み締切 6月21日(木)
会  場 株式会社ディー・オー・エス本社
大阪府大阪市西区江戸堀1-2-11 大同生命南館9階
地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅 1-B出口より徒歩1分、地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 4番出口より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|全社スタッフ
参加者特典
参加された方には、当日会場にて粗品をプレゼントいたします。

会員限定で「内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナー」の続きが読めます

内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。

「IT資産管理」関連の特集


セキュリティ強化や内部統制対策など、リスク管理にも役立つ「IT資産管理ツール」。基礎知識はもちろん、…



IT担当者632人を対象に「IT資産管理ツールの導入状況」を調査。導入状況や導入目的、満足度から、ツ…



ライセンスの不正使用により、2011年9月には世界最高の約4億4000万円という和解金が発生した事例…


「IT資産管理」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃の脅威や、内部不正による情報漏洩などが社会問題となる昨今、あらゆるセキュリティ対策の基盤となるIT資産管理は、ますます重要性を増しています。また、ソフ…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 9月11日(月),12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制はすぐそこまで IT資産管理 成功体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015413


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ