IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/05/23

内部統制IT活用集中セミナー


OSK /大塚商会

内部統制IT活用集中セミナーのセミナー概要 内部統制IT活用集中セミナーのプログラム 内部統制IT活用集中セミナーの申込み



開催日時

5月28日(月) 13:00〜17:00|申込み締切 5月24日(木)
会  場 東京国際フォーラム ガラス棟 G409
東京都千代田区丸の内3-5-1
JR有楽町駅 徒歩1分 / JR東京駅 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

120名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「内部統制IT活用集中セミナー」の続きが読めます

内部統制IT活用集中セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制IT活用集中セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】
文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。

「文書管理」関連の特集


 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件を…



業務マニュアルや作業手順書は、ビジネスを着実に進める上で必須の資料だ。しかし、その作成やメンテナンス…



今回の「文書管理システム」特集は、基礎のおさらいだけでなく、うまく活用するためのポイント、ナレッジ化…


「文書管理」関連のセミナー

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート1) 【SDLジャパン】 締切間近 

開催日 12月20日(火)   開催地 大阪府   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2015 初級コース パート1 (翻訳)初めてSDL Trados Studioを使う方向けの入門コースです。 SDL T…

契約書管理がうまくいかない3つの理由とその解決策 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 11月25日(金),1月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

増え続ける契約書の管理に頭を悩ませている方が多いことと思います。 代表的な理由を挙げれば、・契約書を探すのに手間と時間がかかる、・一括管理ができていないので情報…

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート2) 【SDLジャパン】 締切間近 

開催日 12月14日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2015 初級コース パート2 (翻訳サプライチェーンとの連係と翻訳資産の構築) SDL Trados Studio 2…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制IT活用集中セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制IT活用集中セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015397


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ