高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情

IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/05/17

高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情


日本アイ・ビー・エム

高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情のセミナー概要 高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情の申込み



開催日時

6月22日(金) 13:30〜17:10|申込み締切 6月19日(火)
会  場 日本IBM箱崎事業所
東京都中央区日本橋箱崎町19-21

地図はこちら
参加費

無料
定 員

70名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|全社スタッフ

会員限定で「高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情」の続きが読めます

高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】 「データセンター配線」規格ガイド――40Gbps/100Gbpsイーサネットも徹底解説 【コムスコープ】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
第3のプラットフォーム提唱企業が解説 コンポーザブル・インフラ 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 「データセンター配線」規格ガイド――40Gbps/100Gbpsイーサネットも徹底解説

「データセンター運用」関連の特集


クラウドの利用拡大へ向けて、データセンタでは現在、自社の設備や体制に対してどのような取り組みを進めて…



電力不足の長期化が予測されるなか、消費電力の大きいデータセンターの、エネルギー効率化動向とソリューシ…



 クラウドと言えばDropbox、Evernote、iCloudなどのデータ保存やGmail、スマホ…


「データセンター運用」関連のセミナー

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月18日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月12日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「高集積化時代のデータセンター構築術 最新事情」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015358


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ