IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/05/31

SPSS Data Mining Day 2007


エス・ピー・エス・エス

SPSS Data Mining Day 2007のセミナー概要 SPSS Data Mining Day 2007のプログラム SPSS Data Mining Day 2007の申込み



開催日時

7月12日(木) 10:00〜17:00|申込み締切 7月9日(月)
会  場 セルリアンタワー東急ホテル
東京都渋谷区桜ヶ丘26-1
渋谷駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|情報システム部の統括


セミナー概要

SPSS Data Mining Day 2007


データマイニングセミナー"SPSS Data Mining Day 2007"を7月12日(木)に開催。神戸大学 石井淳蔵教授による基調講演のほか、2トラック8セッションのセミナーをご用意。データマイニングテクノロジーに改めてフォーカスし、データマイニングの価値をご紹介いたします。

本セミナーは多種多様な企業環境を意識し、小さくはじめるデスクトップ・データマイニングから、大きなROIを獲得できるエンタープライズ・ソリューションにまで幅広く光を当てた内容で、多くの方々にデータマイニング及び、SPSSのデータマイニング・テクノロジーを理解していただける1日です。
ぜひこの機会にご参加下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2007/07/12
10:00〜11:10

【基調講演】 経験価値志向マーケティングとデータマイニング

成熟経済/過剰品質の時代の中で、改めてマーケティングの再構築が求められています。新しい消費者像の構築、そして消費者調査・分析の新しい視点、そしてSTP(segmentation/targetting/positioning)を超える商品企画発想のユニークさが求められています。
「経験価値を志向するマーケティング」は、そのための有力な方向づけとなりうるものです。そして、データマイニングの手法もその方向づけの中で有力な手法となります。本講演では、これら新しいマーケティングと手法との現代的意義と可能性を考えたいと思います 。
講師 石井 淳蔵 氏
神戸大学 大学院経営学研究科
教授
2007/07/12
11:10〜12:00

【SPSSソリューション】 The Power of Words 〜データマイニングのビジネス価値を高める言葉の力〜

テキストマイニングの最大の価値は、テキストデータを単独で分析することではありません。顧客を360度の視野で捉え、洞察を得て理解を深める、そして顧客行動を予測する能力を高めることです。
SPSSのテキストマイニングテクノロジーは、顧客の意見やイベント、感情を抽出し、重要なビジネス課題を解決します。あらゆる業種において、さらに多言語環境でも活用でき、ビジネスに大きな効果を与える言葉の力を体感してください。
講師 Olivier Jouve
SPSS Inc.
Vice President. Market Strategy
2007/07/12
13:10〜14:00

【A-1】 データマイニングが生み出すビジネスチャンス

データマイニングが普及して暫くたちました。きっちりとした理論に基づき分析すれば、これほど有用な手段はありませんが、使い方を間違えると、手法に振り回されてしまうだけで、何ら新たな知見は得られません。今回のセミナーでは、既存の顧客データベースを用いた事例と、アンケートなどの調査から得られたデータを事例に、データマイニングによって得られたビジネスチャンスについて示していきます。
講師 清水 聰 氏
明治学院大学 経済学部 国際経営学科
教授
2007/07/12
13:10〜14:00

【B-1】 テキスト情報から「次の一手」を決めるマーケットの本音を探索 〜 「なずき」による感性分析を主軸とした新たなテキストマイニング 〜

コンタクトセンタへの顧客からの問い合わせや、インターネット上のブログの声など、世の中には様々な情報が溢れています。特に定性データであるテキスト情報には、我々が想定し得ない様なマーケットの本音が存在しており、その情報が企業に「適切な次の一手」を示してくれていることがあります。テキストの分析は表現に含まれる感性を処理しなければならないため、定量データ分析よりも多くの労力と時間が必要です。「なずき」では定量データ分析に加えて、表現のもつ意味に着目した感性分析により効果的にテキスト情報から「次の一手」を導きます。
講師 尾崎 哲夫 氏
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
法人ビジネス推進部 なずき推進室 商品企画・営業チームリーダ
2007/07/12
14:10〜15:00

【A-2】 有機野菜などの会員制宅配組織『大地宅配』における購買分析

有機野菜や無添加食品をメイン商材とする会員制宅配組織「大地宅配」は、1975年設立の環境NGO「大地を守る会」を母体とし、現在、8万人以上にご利用いただいています。毎週集まる50万ほどの購買データから、Clementineを利用して、購買傾向によるセグメンテーションや併売分析など、各種数字を算出し、商品特性を明確にした上で、販売方針を立てています。その具体的取り組みをご紹介します。
講師 表 恒伸 氏、前川 隆文 氏
大地を守る会/株式会社大地
販売促進チーム
2007/07/12
14:10〜15:00

【B-2】 大規模データ時代の顧客データマイニング 〜新しいパラダイムを創造するDWHアプライアンス〜

企業の様々な情報資源を利用した分析やデータマイニングの分野において如何に求める結果を素早く導き出し施策を実行するかが競合上極めて重要です。しかし取り扱うデータは拡大し続け、膨大なデータを利用した分析ではシステム資源の制約や性能劣化が発生し、管理・運用コストも増加の一途を辿ります。本セッションでは、こうした課題を解決するソリューションとしてDWH専用プラットフォームであるNetezza Performance Serverをご紹介し、Clementineとの連携によりNECが提案する新しい顧客分析の世界を体感いただきます。
講師 日本ネティーザ株式会社 ダグラス・エッツェル 氏/日本電気株式会社 外賀 伸治 氏
2007/07/12
15:20〜16:10

【A-3】 情報大航海時代に向けたNTTドコモにおける戦略的情報活用

全社的情報活用を推進するには、分析体制の整備、IT基盤の整備、分析ノウハウの蓄積等、組織的かつ計画的な取り組みが必要です。携帯電話が生活のインフラとしての役割を増大して行く中で、NTTドコモにおいて段階的に実施してきたこれらの施策や、顧客行動予測等の分析事例について御紹介します。更に、それらが、これからの情報大航海時代に向けた取り組みにつながって行くことについて御紹介します。
講師 久保田 明 氏
株式会社NTTドコモ
情報システム部 情報戦略担当部長
2007/07/12
15:20〜16:10

【B-3】 データマイニング活用指南 〜PES3.0で分析業務がここまで変わる〜

一昨年の発売以来、非常に高い関心を向けられているPES(Predictive Enterprise Services)の新バージョンPES3.0が近日リリースされます。既に日本でもPESを導入し成功している企業があります。これらの企業に共通している特長は、「分析から得られた予測や知見をどのように業務プロセスに組み込み、継続的に効果をあげていくか?」と、分析結果の活用方法に着目し、実践しているところにあります。本セッションではPES3.0の新機能と活用事例から導き出されるベストプラクティスを解説します。
講師 鈴木 貴志
SPSS Japan Inc.
セールスエンジニアリング シニアマネージャ
2007/07/12
16:20〜17:10

【A-4】 感性工学的アプローチによるコーポレートブランドの分析

「ブランドは顧客のもの」といわれるように、顧客の印象や市場からの評価が企業にとって重要な課題となっております。そこで感覚を通じて人と事象(モノ・こと・情報)との関係性を紐解く感性工学を応用し、ユーザ調査からブランドロイヤルティ向上を目的としたブランドイメージ(顧客)とそのイメージが形成されるアクセスポイント(企業)との関係性を把握し、戦略立案に落し込むための調査方法を研究した一例をご紹介します。
講師 野本 泰弘 氏、布施 智一 氏
セイコーエプソン株式会社
ブランド・コミュニケーション推進部
2007/07/12
16:20〜17:10

【B-4】 「個客」をどのように理解するか 〜多様化するユーザ像とデータ分析〜

多様化する趣味嗜好や選択肢の拡大によるセグメントの複雑化を背景に、CRMシステムの導入により蓄積しつつある顧客情報からデータマイニングによる様々な分析の可能性を考察します。
講師 神谷 謙五 氏
タカラインデックスeRラボ株式会社
データベースマーケティング部 マネージャー

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


エス・ピー・エス・エス株式会社
住 所 : 東京都渋谷区広尾1丁目1番地39号 恵比寿プライムスクェアタワー10F
TEL : 03-5466-5511
FAX : 03-5466-5621
e-mail : jpdmd@spss.com
URL : http://www.spss.co.jp/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015354


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ