ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/05/12

ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化


オープンテキスト

ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化のセミナー概要 ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化のプログラム ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化の申込み



開催日時

5月30日(水) 13:30〜15:30|申込み締切 5月28日(月)
会  場 オープンテキスト・セミナールーム
東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー6F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化」の続きが読めます

ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 【アドビ システムズ】 「従業員の本業集中」と「顧客体験創出」が働き方改革成功の鍵、実現の要素は 【アドビ システムズ】
文書管理 文書管理 文書管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 「従業員の本業集中」と「顧客体験創出」が働き方改革成功の鍵、実現の要素は

「文書管理」関連の特集


SOX法施行目前で“文書化・保存”は緊急課題!今回は文書化実務作業の強力な助っ人「SOX法対策支援ツ…



文書管理ツールは文書を管理するだけのツールにあらず。人工知能(AI)やボットを使った製品も登場してお…



手軽に使えるモノからエンタープライズレベルのモノまで、機能レベル/価格帯とも充実のラインナップが用意…


「文書管理」関連のセミナー

2017年度秋季ロードショー<東京> 【SDLジャパン】  

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

弊社取り扱い製品の「SDL Trados Studio」に関する最新情報やトピックスをはじめ、その他様々な情報をご案内させて頂きます。またセッション後には懇親会…

SDL Trados Studio Extra 1 「翻訳品質評価機能」 【SDLジャパン】 締切間近 

開催日 9月28日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

SDL Trados Studio Extraとは、SDL Trados Studioの特殊機能について説明するウェビナーです。第1回は、翻訳品質評価機能につい…

「働き方改革とICTの利活用」セミナー 【ジェクシード/Box Japan】  

開催日 10月12日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

政府の号令で発せられた「働き方改革」という言葉が、独り歩きし、本来の意図を逸脱した便利な言葉として使われ始めています。「働き方改革」を推進する上で、「労働生産性…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ECMで始める情報&文書の一元管理と業務効率化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50015313


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ