IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/03/29

TrustedSource Forum 2007


東京エレクトロンデバイス、F5Networks、SecureComputing 共催

TrustedSource Forum 2007のセミナー概要 TrustedSource Forum 2007のプログラム TrustedSource Forum 2007の申込み



開催日時

4月17日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 4月13日(金)
会  場 丸ビルコンファレンス スクエア Room4
東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル 8階
JRご利用の場合/東京駅丸の内南口より徒歩1分
地下鉄をご利用の場合/ 丸ノ内線東京駅より直結
千代田線二重橋前駅4番出口より徒歩2分


地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用


セミナー概要

-次世代型 レピュテーションシステム-


スパム対策、ウイルス対策の最新技術

セキュアコンピューティング社では、電子メールが抱える課題に対してこれまでも新技術の開発に取り組んできました。
現在、電子メールは日々の主要アプリケーションであり、スパム対策、ウイルス対策、メールシステムの効率化が求められています。このセミナーでは、次世代型 レピュテーションシステムを使った、電子メール対策と高可用性を実現する経路選択の詳細を説明します。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。



詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2007/04/17
14:00〜14:10

ご挨拶

講師 ロバート E. プリギ
セキュアコンピューティングジャパン株式会社
代表取締役社長
2007/04/17
14:10〜14:30

TrustedSource レピュテーションサーバの概要

TrustedSourceレピュテーションサーバとは?電子メールの送信者評価を行いどのようなメリットがあるのか? 今、なぜこの技術が最も注目されているセンタ型のデータベースなのか?
動作の仕組みを交えて説明します。
講師 伊藤 信
TrustedSource レピュテーションサーバの概要
ディレクター ストラテジー・エクセキューション
2007/04/17
14:30〜15:10

トラフィック管理におけるスパムメール対策最新状況 BIG-IP + TrustedSourceで実現するメッセージセキュリティ

スパムメール対策はメールゲートウェイでしかできないという認識をお持ちではないでしょうか? ユーザーのトラフィックを最適なサーバへ振り分け処理をするトラフィック管理装置で提供できるスパムメール対策もあります。
なぜ、トラフィック管理装置で行うのか? 既存のメールゲートウェイはどうなるのか? どのような技術(仕組み)で可能なのか?このセッションでは、トラフィック管理装置でレピュテーションデータベースを活用したスパムメール対策を実現したF5ネットワークスのBIG-IPによって、従来のスパムメール対策をより効率化できる最新機能について紹介します。
講師 武堂 貴宏
F5ネットワークスジャパン株式会社
シニアプロダクトマーケティング マネージャー
2007/04/17
15:30〜16:10

IronMailで行う次世代型レピュテーションベースのスパム対策イメージ型スパムをどのように止めるか

巧妙化するスパムメールの手法紹介を踏まえ、最新のスパム防御技術である、TrustedSourceレピュテーション システムによる送信者評価の必要性とイメージ型スパムの動向と防御手法を紹介します。
その上で、最新のメールセキュリティ機能を実装した製品IronMailを紹介します。
講師 堀 政浩
セキュアコンピューティングジャパン株式会社
シニア プリセールスコンサルタント
2007/04/17
16:10〜16:50

TEDがご提案する先進のメッセージング・セキュリティと導入事例のご紹介

東京エレクトロン デバイス(TED)では、セキュア コンピューティングの”IronMail”メッセージング・セキュリティ・ゲートウェイにF5ネットワークスの”BIG-IP MSM”が加わったTrustedSourceを核にする先進のメッセージング・セキュリティ・ソリューションをご提供しております。
本セッションでは、
企業や組織を電子メール攻撃から守る最適な方法とは何か?
なぜ電子メール・セキュリティにTrustedSourceのようなレピュテーション・サービスが必要とされるのか?
今後のメッセージング・セキュリティのあり方
を事例を交えて解説し、最適なメッセージング・セキュリティ・ソリューションをご提案します。
講師 小林 浩樹
東京エレクトロン デバイス株式会社 CN事業本部 ネットワーク事業部 ネットワーク営業部

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


セキュアコンピューティングジャパン株式会社
住 所 : 東京都新宿区西新宿 3-2-11
TEL : 03-5339-6310
FAX : 03-5339-6311
e-mail : :sales@securecomputing.co.jp
URL : http://www.securecomputing.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50014880


IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ