内部統制で情報漏えいが防御できますか?漏れたらどうなる?

IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/03/03

内部統制で情報漏えいが防御できますか?漏れたらどうなる?


主催:日立製作所/共催:マイクロソフト

内部統制で情報漏えいが防御できますか?漏れたらどうなる?のセミナー概要 内部統制で情報漏えいが防御できますか?漏れたらどうなる?の申込み



開催日時

3月16日(金) 14:30〜17:00|申込み締切 3月15日(木)
会  場 マイクロソフト株式会社 エグゼクティブ ブリーフィングセンター
東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザーンタワー 5階
新宿駅南口より3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |全社スタッフ|システムの設計・運用
参加者特典
参加者に漏れなくMSロゴ入り携帯イスを!


セミナー概要

会社の情報漏えい対策が業務遂行を阻害していませんか?


14:30〜15:20 (50分) J-SOX法対応に学ぶ内部統制高度化へのアプローチ −統制活動からみた情報セキュリティとは
J-SOX法対応の文書化は、「財務報告の信頼性」という目的に対し、勘定科目という「情報」を入口に業務を特定し、監査要点からのリスク把握とその統制を規定している。内部統制全体の目的には、「業務の有効性と効率性」「コンプライアンス」もあり、これらも同様なアプローチが有効と考える。目的に応じた情報を入口にリスク把握し統制活動を規定するが、情報種類によってセキュリティ面での統制活動が重要なポイントになる。
株式会社 日立コンサルティング
ディレクター 宮崎 浩之

15:20〜15:30 ご休憩

15:30〜16:00(30分) Windows Vista を使用した情報セキュリティの強化
Windows Vista は複数の情報保護の機能を備えており、顧客データの保護など情報セキュリティに関する強化ポイントをご説明いたします。
マイクロソフト株式会社
テクノロジースペシャリスト 小寺 啓之

16:00〜16:45 (45分) J-SOX法におけるリスク対策を実現する電子割符
Windowsと電子割符を使った提案をデモを交えて、ご紹介いたします。
- デモ予定 -
 ・PCのリスクを解消する仕組みをご紹介
 ・電子メールのリスクを解消する仕組みをご紹介
 ・機密文書のリスクを解消する仕組みをご紹介
株式会社 日立製作所
主任技師 平川 智裕

16:45〜17:00 Q/A


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


マイクロソフト株式会社
住 所 :
TEL : 03-5471-2804
FAX : 03-5471-2449


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50014665


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ