IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/02/07

大公開! 内部統制の現実と事例


NECトータルインテグレーションサービス/IDSシェアー・ジャパン

大公開! 内部統制の現実と事例のセミナー概要 大公開! 内部統制の現実と事例のプログラム 大公開! 内部統制の現実と事例の申込み



開催日時

2月13日(火)|申込み締切 2月9日(金)
会  場 グランパークプラザ 4Fホール(401)
東京都港区芝浦三丁目4番1号
JR田町駅より徒歩5分、都営地下鉄三田駅より徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|その他

会員限定で「大公開! 内部統制の現実と事例」の続きが読めます

大公開! 内部統制の現実と事例」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「大公開! 内部統制の現実と事例」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 システム間データ連携ソリューション 「DataSpider Servista」 【セゾン情報システムズ】
EAI EAI EAI
企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 企業内に散在するデータを活用し、素早く簡単に目的とする処理サービスを作るソフトウェア
●プログラミング不要
●開発支援機能、多彩な連携機能、豊富な運用支援機能装備

「EAI」関連の特集


歴史が古く、よく使われるファイル転送プロトコルFTPは身近な存在。パケット解析をもとに、その仕組みと…



システム同士をつなぐツール「EAI」を理解するには、ハブ&スポーク、メッセージブローカーなどの働きの…



企業内に個別に導入されてきたアプリケーション統合を実現するEAI(Enterprise Applic…


「EAI」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 8月22日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 7月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

奉行ユーザ向け −Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー− 【日本電通】  

開催日 3月23日(木),4月12日(水),5月24日(水),6月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

奉行の“汎用データ受入”を最大限活用しましょう!OBCの奉行i8/V ERP8 シリーズと他システムへのデータ連携をノンプログラミングでダイレクトに、しかも低コ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

大公開! 内部統制の現実と事例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「大公開! 内部統制の現実と事例」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50014384


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ