気軽に使える情報分析ツールご案内セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/01/25

気軽に使える情報分析ツールご案内セミナー


三菱電機インフォメーションテクノロジー

気軽に使える情報分析ツールご案内セミナーのセミナー概要 気軽に使える情報分析ツールご案内セミナーのプログラム 気軽に使える情報分析ツールご案内セミナーの申込み



開催日時

2月15日(木)|申込み締切 2月14日(水)
会  場 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社 本社
東京都港区芝浦4-15-33 芝浦清水ビル 1F
山手線「田町駅」東口より徒歩13分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ
参加者特典
本セミナーご来場のお客様にもれなく図書カード(1000円分)を進呈いたします!

会員限定で「気軽に使える情報分析ツールご案内セミナー」の続きが読めます

気軽に使える情報分析ツールご案内セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「気軽に使える情報分析ツールご案内セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか(Actionista!) 【ジャストシステム】 ビジネスの決断をするために必要なデータ分析結果の伝え方とは? 【Tableau Japan】
BI BI BI
ETL機能搭載。複数データの統合・分析・レポーティングをこれ1つで実現できるオールインワンBIツール。
サーバライセンス型のため、大人数での利用も一定コストで可能。
BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか ビジネスの決断をするために必要なデータ分析結果の伝え方とは?

「BI」関連の特集


 前回は「ビッグデータ」の量的増加について解説をさせていただきましたが、今回はその量的データ増加に関…



錦織圭選手の試合データの分析結果は?福原愛選手の打球の軌跡は?業務部門がメインユーザーであるセルフサ…



ビジネス環境が変化して陳腐化していったBIツール。このような経験を繰り返さないためには、どのように選…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 7月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

〜すべてのユーザが使いやすい先進的なアナリティクス・インタフェースと、エンタープライズ規模のBIに必要なアーキテクチャのご紹介〜 ガートナー社に"ガバナンスとデ…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】 締切間近 

開催日 5月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

Let's Start Microsoft Power BI 【大塚商会】  

開催日 4月20日(金),5月18日(金),6月15日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 2万7000円(税込)

【研修コースの目的】マイクロソフトが提供するPower BIを利用して社内データ視覚化などBI(ビジネスインテリジェンス)を始められる方が、無償ツールのPowe…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

気軽に使える情報分析ツールご案内セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「気軽に使える情報分析ツールご案内セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50014228


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ