IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/01/17

内部統制プロジェクトの実際


主催:オープンテキスト/協賛:アビームコンサルティング

内部統制プロジェクトの実際のセミナー概要 内部統制プロジェクトの実際の申込み



開催日時

2月7日(水) 13:15〜16:15|申込み締切 2月5日(月)
会  場 ベルサール九段 ROOM2
東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル 3F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「内部統制プロジェクトの実際」の続きが読めます

内部統制プロジェクトの実際」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制プロジェクトの実際」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】
文書管理 文書管理 文書管理
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。

「文書管理」関連の特集


今回の「文書管理システム」特集は、基礎のおさらいだけでなく、うまく活用するためのポイント、ナレッジ化…



キャビネット3本を廃止、書類探しの時間を激減!?クライアント情報や業務に関連する画像、地図データなど…



不正行為の証拠発見を人間の数千倍のスピードで実行できる人工知能が登場!訴訟大国アメリカでビジネスを行…


「文書管理」関連のセミナー

元国税局情報技術専門官による電子帳簿保存法のポイント解説 【主催:日鉄日立システムエンジニアリング/共催:日立ソリューションズ西日本】  

開催日 6月14日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

平成29年1月より領収証・契約書などのスキャナ保存の要件がさらに規制緩和されました。例えば、デジタルカメラ、スマートフォン等の機器の容認などが盛り込まれ、これま…

事例から学ぶ!図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは 【オーシャンブリッジ】  

開催日 6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠点にもスムーズに共有することが求められていますが、情報漏えいや二次利用を心配…

紙文書どう管理しますか?文書管理を効率化する方法とは 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 4月26日(水),5月25日(木),6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

増え続ける紙文書の管理にうんざりしていませんか。例えば、・書庫に毎回文書を探しに行かなければならない・関係書類を色々な場所からかき集めなければならない・誰がどの…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制プロジェクトの実際」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制プロジェクトの実際」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50014094


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ