第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2007/01/12

第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」


アイティフォー

第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」のセミナー概要 第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」の申込み



開催日時

2月9日(金) 15:00〜18:00|申込み締切 2月8日(木)
会  場 株式会社アイティフォー 10Fセミナールーム
東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
営団地下鉄 半蔵門線 半蔵門駅下車 5番出口出て右スグ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|製造・生産管理
参加者特典
参加特典有り

会員限定で「第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」」の続きが読めます

第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM
商談計画を可視化せよ、ある製造業の情報共有基盤刷新効果とは? 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは

「CRM」関連の特集


今、再注目される「統合CRM」。その背景や導入効果、最新機能を徹底解説します!業務中に「つぶやく」こ…



スマートデバイスなどコンシューマITの業務利用により、サービスデスクに求められる要件は大きく変化して…



 第2回では、顧客とコミュニケーションをとる上で最も大切なのは、「誠実に顧客と向き合うこと」という事…


「CRM」関連のセミナー

導入企業1000社から見る、リードナーチャリング戦略 【インターパーク】 締切間近 

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業がリード獲得の場として利用する「展示会」。案件獲得のためフォローに力を入れている企業も少なくないのではないでしょうか?今回はシンプルながらもしっかりと…

MAベンダ登壇!ニーズ把握による顧客とのコミュニケーション術 【主催:モバイルソーシャライズシステムフォーラム/共催:ガイアックス】 締切間近 

開催日 6月30日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 1000円(非課税)

デジタルマーケティングが活発化する中、「マーケティングオートメーション」により効果的なマーケティングを狙う企業も増えてきました。しかしマーケティングオートメーシ…

点検・保守・修理業務の報告書改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/G-Smart】  

開催日 7月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

点検・保守・修理業務では、作業依頼・手配〜作業完了、完了後の報告書作成〜承認まで、非常に多くの時間とコストを費やしています。未だに手書きの報告作 成も多くの現場…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「第26回「保守サービス部門 業務改革のススメ」」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50014056


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ