IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2006/12/22

企業力を高める最新IT戦略セミナー


NetIQ

企業力を高める最新IT戦略セミナーのセミナー概要 企業力を高める最新IT戦略セミナーのプログラム 企業力を高める最新IT戦略セミナーの申込み



開催日時

1月24日(水) 14:00〜16:00|申込み締切 1月23日(火)
会  場 ベルサール神田 (3F ROOM1)
東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル
地下鉄 小川町駅、淡路町駅、新御茶ノ水駅より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用

会員限定で「企業力を高める最新IT戦略セミナー」の続きが読めます

企業力を高める最新IT戦略セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「企業力を高める最新IT戦略セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” 【日本電気】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 セキュリティ製品を活用しきれない理由は「オペレーション」にあり 【ServiceNow Japan】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 セキュリティ製品を活用しきれない理由は「オペレーション」にあり

「統合運用管理」関連の特集


情報システムの運用管理に十分な費用と労力をかけることができない中堅・中小企業にとって、クラウドは有効…



サーバーの停止は業務の停止。業務の停止は企業活動の停止に繋がります。それを事前に防ぐ「サーバー監視ツ…



キーマンズネット会員を対象に、「統合運用管理ツール」の導入状況を調査した結果をお届けします。


「統合運用管理」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 10月20日(金),12月19日(火),1月19日(金)   開催地 神奈川県   参加費 無料

こんな方にオススメですこの手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい…

ISO/IEC 20000 ITサービスマネジメントプロフェッショナルコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 7月24日(月)〜7月28日(金),11月6日(月)〜11月10日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 30万2400円(税込)

本コースは、受講生がITサービスマネジメントシステム ISO/IEC 20000に基づくマネジメントシステム監査を、監査責任者、または審査チームのリーダーとして…

ITサービスマネジメント(ITIL)入門セミナー 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月6日(金),11月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ITサービスマネジメントのベストプラクティスである「ITIL(ITインフラストラクチャ・ライブラリ)」は、ITサービスの適正化、効率化の手法として現在世界的に脚…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

企業力を高める最新IT戦略セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「企業力を高める最新IT戦略セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50013902


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ