UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2006/12/20

UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理


日本ヒューレット・パッカード/ オムロン

UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理のセミナー概要 UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理の申込み



開催日時

1月24日(水)|申込み締切 1月23日(火)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社 西日本支店
大阪府大阪市北区梅田3丁目3番10号 梅田ダイビル9F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |製造・生産管理|システムの設計・運用

会員限定で「UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理」の続きが読めます

UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

PCやサーバの適用状況、ほんとうに把握していますか? 【ニッポンダイナミックシステムズ】 脆弱性対策から未知の脅威対策まで、PC管理の課題をまとめて解決する手法とは? 【ハンモック】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
脆弱性対策にIT資産管理ツールが効果的――セキュリティパッチ適用状況を可視化 脆弱性対策から未知の脅威対策まで、PC管理の課題をまとめて解決する手法とは? ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。

「IT資産管理」関連の特集


導入済み企業も多い「IT資産管理ツール」。でも、非合理な投資の増加、運用管理が複雑に…など使いこなせ…



スマートデバイスが普及する中、標的型攻撃対策などIT資産管理の役割や形態も大きく変化しています。そん…



ソフトウェアのライセンス管理が徹底できていないケースが増加中。知らなかったでは済まない、深刻なリスク…


「IT資産管理」関連のセミナー

SS1オンラインセミナー 【ディー・オー・エス】  

開催日 12月15日(金)〜8月31日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

株式会社ディー・オー・エスでは、IT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を用いた、IT資産管理/情報漏洩対策の課題解決をテーマと…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 2月19日(月),5月11日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

ITILファンデーション 研修 (3日コース) 【アーク】  

開催日 2月19日(月)〜2月21日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 15万1200円(税込)

<ITIL(アイティル)って?>ITILとは、英国政府が作成したITサービスの全体(戦略・設計・移行・運用・継続的改善)にわたるベストプラクティス集であり、国際…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UHFタグを活用したIT資産、モノ資産の統合管理」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50013857


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ