IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2006/12/13

内部統制文書化・導入研修


株式会社NTTデータシステムズ

内部統制文書化・導入研修のセミナー概要 内部統制文書化・導入研修の申込み



開催日時

12月13日(水)〜12月14日(木) 10:00〜17:00|申込み締切 12月12日(火)
会  場 株式会社NTTデータシステムズ プレゼンルーム
東京都品川区西五反田3-7-10 アーバンネット五反田NNビル6F

地図はこちら
参加費

有料 6万円
定 員

12名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |その他

会員限定で「内部統制文書化・導入研修」の続きが読めます

内部統制文書化・導入研修」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制文書化・導入研修」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】 AsReaderApps 【アスタリスク】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


今回は従来からのEAIのコンセプトを含みながら、さらにそれを超えた効果を生む新時代の統合基盤について…



 今回と次回で電子カルテシステム等の部門をまたがる基幹系システム導入で成功するためのポイントを取り上…



リスクマネジメントの一環としてBCPを策定した興伸。同社は演習を通じて策定したBCPの改善に取り組ん…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

【無料】体験!HTML5を活用した業務アプリ開発 【富士通ラーニングメディア】  

開催日 2月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、業務で使用するエンタープライズシステムであっても、UX(ユーザーエクスペリエンス)がお客様からの 評価を大きく左右するようになりました。本セミナーでは、L…

塩漬けシステム再生!今取り組むべき、ITモダナイゼーション 【システムズ】  

開催日 2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

マイグレーションプロバイダのシステムズでは、マイグレーションのリーディングプロバイダとして、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム…

富裕層が思わず買ってしまう「レスポンス広告」作成術とは? 【ランドスケイプ/イズ・アソシエイツ】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【レスポンス広告とは】レスポンス広告の定義は、問い合わせではありません。レスポンス広告の定義は、「購買」すなわちお客様に買ってもらうこととしています。【レスポン…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制文書化・導入研修」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制文書化・導入研修」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50013790


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ