IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2006/12/06

LANSA Xi ご紹介セミナー


株式会社エス・イー・ラボ 

LANSA Xi ご紹介セミナーのセミナー概要 LANSA Xi ご紹介セミナーのプログラム LANSA Xi ご紹介セミナーの申込み



開催日時

12月15日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 12月14日(木)
会  場 IBM飯倉システムプラザ
東京都港区麻布台3-5-1 IBM飯倉事業所内
●地下鉄
- 日比谷線「神谷町」駅2番出口より徒歩7分
- 南北線「六本木一丁目」駅2番出口より徒歩7分
- 南北線/都営大江戸線 「麻布十番」駅6番出口より徒歩7分


地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「LANSA Xi ご紹介セミナー」の続きが読めます

LANSA Xi ご紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「LANSA Xi ご紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 現場主導で業務をシステム化――働き方改革を実現する4種のアプリ作成法 【ネオジャパン】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 現場主導で業務をシステム化――働き方改革を実現する4種のアプリ作成法

「開発ツール」関連の特集


一見すると同じように見える「超高速開発ツール」ですが、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢…



プログラミングスキルがなくても業務アプリを作成できることが特徴の「ノンプログラミングWebアプリ開発…



受注した新システムにはハードウェア・ミドルウェアに依存しない移植性の高さが求められ、Javaによる開…


「開発ツール」関連のセミナー

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 3月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルプログラムに対して分析を行いながら、Lattixの基本機能と操作手順をご紹介します。また、サンプルコードを持参していただければ、持参されたコードに対して…

iPad と FileMaker を利用した業務システム作成体験セミナー 【ファイルメーカー】  

開催日 1月30日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

講座の目的 FileMaker と iPad で業務改善の様々なシーンを体験実際に FileMaker をつかって iPad 向け業務システム作成を体験受講対象…

IBM i ユーザーのための "EOS対策セミナー" 【JBCC】  

開催日 2月22日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

昨今のビジネス環境変化の激しさが増す中、IBM i のEOSが発表されました。これまで運用の容易性や堅牢性からこのシステムを長く利用されている企業様は多いかと思…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

LANSA Xi ご紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「LANSA Xi ご紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50013728


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ