IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2006/11/15

第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」


株式会社 アイ・アイ・エム

第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」のセミナー概要 第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」のプログラム 第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」の申込み



開催日時

11月29日(水) 10:00〜18:40|申込み締切 11月22日(水)
会  場 ホテルグランドヒル市ヶ谷
東京都新宿区市谷本村町4-1
JR総武線・地下鉄有楽町線・南北線・新宿線『市ヶ谷駅』より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」」の続きが読めます

第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 【日本ヒューレット・パッカード】 「攻めのIT」を加速させるには、メーカーライフサイクルから脱却せよ 【カーバチュア・ジャパン】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 「攻めのIT」を加速させるには、メーカーライフサイクルから脱却せよ

「統合運用管理」関連の特集


仮想化環境やクラウド環境など、ますます複雑化する企業システム。情報システム部門の人員削減も受け、簡単…



情報システムの運用管理に十分な費用と労力をかけることができない中堅・中小企業にとって、クラウドは有効…



従業員規模・業種別の統合運用管理ツールの「導入状況」や、「導入きっかけ」「満足度」「導入しない理由」…


「統合運用管理」関連のセミナー

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所/CTCシステムマネジメント】 締切間近 

開催日 5月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは、所有から利用への流れが加速しており、運用部隊における役割が変化してきています。システム運用の課題は、ミス防止や効率化に加え、統制監理の徹底や、変…

JP1統合管理製品によるイベント管理の最適化! 【主催:アシスト】  

開催日 8月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

v9から機能強化が著しいJP1/IM製品によるイベント管理の効率化手法をご紹介JP1には、システム内で発生するあらゆる事象(イベント)が集約されます。これらはシ…

Hinemos ver.6.1 トレーニングコース(集合形式) 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】 締切間近 

開催日 6月6日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 7万200円(税込)※

Hinemosをより多くの方に使っていただけるよう、Hinemosの機能や使い方を、体系的に習得頂くための研修トレーニングを開催しております。Hinemosトレ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「第15回IIMユーザ総会「COMPUS 2006」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50013413


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ