業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。

掲載日:2006/11/08

業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際


オープンテキスト株式会社

業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際のセミナー概要 業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際の申込み



開催日時

11月17日(金) 13:30〜16:00|申込み締切 11月16日(木)
会  場 オープンテキスト・セミナールーム
東京都港区海岸1-16-1 ニュー竹芝サウスタワー6F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |情報システム部の統括

会員限定で「業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際」の続きが読めます

業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。

「文書管理」関連の特集


2016年度の市場規模は約160億円と見込まれる文書管理市場。大手を中心に4分の1のシェアを握るトッ…



2011年度、139億円超となった文書管理市場。2005年から施行されたe-文書法などの影響で徐々に…



活用頻度を向上させる便利機能や管理者の負担を軽減する機能が搭載された文書管理ツール。“使われない…”…


「文書管理」関連のセミナー

【東京開催】領収書、請求書などの電子化要件と成功事例 【大塚商会】 締切間近 

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

電子帳簿保存法スキャナ保存の要件緩和から2年が経過し、申請企業が急増中です。本セミナーは、東京国税局に国税専門官として採用後、情報技術専門官として電子帳簿保存法…

機密文書漏えい対策セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ/デジタルアーツ】 締切間近 

開催日 1月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、情報漏えいの問題がクローズアップされる中で様々なセキュリティ対策が登場しています。(暗号化、データの外部書き出し禁止、シンクライアント環境、操作ログ管理な…

【大阪開催】領収書、請求書などの電子化要件と成功事例 【大塚商会】  

開催日 2月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

電子帳簿保存法スキャナ保存の要件緩和から2年が経過し、申請企業が急増中です。本セミナーは、東京国税局に国税専門官として採用後、情報技術専門官として電子帳簿保存法…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務プロセス可視化を実現する統合文書管理の実際」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50013361


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ