KVMスイッチに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

KVMスイッチ

KVMスイッチに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 KVMスイッチ

基礎解説KVMスイッチとは?

K(キーボード)、V(ビデオモニタ:ディスプレイのこと)、M(マウス)を複数のコンピュータで共有して使うための切替装置のこと。製品が登場し始めた当初は、CPU切替器、サーバー切替器、コンソールスイッチなどと呼ばれていたが、製品の機能向上が進むにつれ、次第にKVMスイッチと呼ばれるようになった。

KVMスイッチの製品一覧・比較へ

KVMスイッチの最新特集

  • サーバ管理の命綱!KVMスイッチ再入門

    2012/03/05製品の基礎から選び方までをサポート!

    サーバ管理の命綱!KVMスイッチ再入門

    離れた場所にあるサーバのキーボード、画面、マウスを自分の手元まで延長してくれる「KVMスイッチ」。サーバ管理の負荷軽減はもちろん、セキュリティ強化やBCPの一環として再注目を浴びています。

KVMスイッチの導入事例

  • ラリタン・ジャパン

    KVM-over-IP:北海道総合通信網導入事例

    ワンランク上の運用管理システムをお考えの方、ファイル転送もできるセキュアなサーバ管理をお探しの方へ。北海道総合通信網の導入事例をご参考下さい。

  • ブラックボックス・ネットワークサービス

    サーブスイッチ IP CXの使用事例

    本製品の使用事例を製品概要と共に分かりやすく解説。

基本機能KVMスイッチの基本機能とは?
KVMスイッチの基本機能は以下のとおり。
●複数のサーバーやPCの操作
1セットの1組のキーボード、ディスプレイ、マウスによって複数台のサーバーやPCを操作する。サーバーやクライアントに修正を加えたり、リモートコントロールソフトのようにソフトウェアをインストールしたりする必要がなく、KVMスイッチ用の専用ケーブル(CIM:Computer Interface Module)を使って物理的に接続するだけで使用することができる。CIMはキーボード/マウスのエミュレーション機能を提供しており、KVMスイッチでKVMが選択されていないコンピュータに対してもKVMが接続されている状態を維持することができる。

●アナログKVMスイッチ
キーボード、ディスプレイ、マウスの各信号をアナログのまま、サーバーと、離れた場所(運用管理室など)の管理コンソールとの間で中継する。中継ケーブルは、LANケーブルと同じカテゴリ5(Cat5)ケーブル。ケーブルは、延長アダプタ(エクステンダ)を使って、最長300mまで延長可能。

●KVM over IP
サーバーとの間の信号はアナログだが、KVMスイッチと管理コンソールとの間の通信を、IPプロトコルで行う。そのため、IPネットワークで接続された端末なら、インターネット経由でどこからでも接続できる。
導入メリットKVMスイッチの導入メリットとは?
KVMスイッチの主な導入メリットは以下のとおりだ。
●運用管理のオペレーションがシンプルに
キーボード、画面、マウスを集約して省スペースを実現。管理者はサーバーのある現場に行かなくても複数のサーバーを切り替えて作業ができる。

●パッチ配布などが容易に
管理コンソールに接続した外部記録メディアなどを、管理対象のサーバーに仮想的にマウントでき、アプリケーションのインストールやパッチの適用などの操作が可能。

●入室制限とログ管理でセキュリティを強化
マシンルームに人間が立ち入らなくても、リモートからほとんどの管理操作が行えるようになり、マシンルームにシンプルな入室ポリシーが設定できる。

ページトップへ